ここから本文です

愛犬とごちそう (2014)

FEAST

監督
パトリック・オズボーン
  • みたいムービー 5
  • みたログ 104

3.53 / 評価:64件

人間が持つペットに対する願望

  • tsy******** さん
  • 2015年6月2日 20時50分
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

ベイマックスと同時上映の短編。

人間のテキトーな都合と気分に任せて食事がコロコロ変化して、それに振り回される愛犬の姿。
最初はそういった社会風刺と思っていて、飼い主たちが痛い目みる展開を予想してニヤニヤしてたらまさかの美談を叩きつけられて驚きました。そんなバカな。
カメラの位置は常に犬目線だけど、ストーリーはひたすら人間目線で都合良すぎじゃねえかばかやろう!とか思ったり。

「犬にこんなものを食べさせて大丈夫か?」という批判が多いみたいですが、僕が思うにそれも含めて、根本的に都合の良すぎるペット解釈(人間が持つ動物への勝手な願望イメージ)から成り立ったストーリーと欺瞞に満ちた美談はさすがにヒドいのではないかと思いました。

これが美談として成立してしまう世の中、俺は許さんぞ!!

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 悲しい
  • 不思議
  • 不気味
  • 恐怖
  • 絶望的
  • 切ない
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ