ここから本文です

オールウェイズ (1989)

ALWAYS

監督
スティーヴン・スピルバーグ
  • みたいムービー 89
  • みたログ 1,410

3.64 / 評価:301件

スピリチュアルな内容

  • nin***** さん
  • 2007年12月23日 1時25分
  • 閲覧数 330
  • 役立ち度 4
    • 総合評価
    • ★★★★★

最初見たときはそう思わなかったのですが、2度目、3度と見ると最初に気付かなかったところに気付いてきて、いい映画だな~と思ってしまいます。

主人公は死んでから後、若手パイロットの守護霊というよりガイドとなって、後に残された人たちを幸福に導くことで自分の生への未練を断ち切る。これこそが愛ですよね。

「ゴースト」は死んだ後でも恋人を守るという単なるラブストーリーでしかなかったですが、こちらの方がより大きな愛を描いてます。

この頃はほとんど映画に出ないオードリー・ヘップバーンが敢えて出演しているのも、テーマが普遍的な愛だったからではないでしょうか。

最後に水の中に飛行機が突っ込んで光に導かれてヒロインが助かるシーン、あれはまさに生まれ変わり(出産または洗礼)を意味するのでしょうね。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 楽しい
  • ロマンチック
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ