ここから本文です

オールウェイズ (1989)

ALWAYS

監督
スティーヴン・スピルバーグ
  • みたいムービー 86
  • みたログ 1,370

3.64 / 評価:265件

相手の幸せを願うこと

  • 一人旅 さん
  • 2019年1月5日 13時27分
  • 閲覧数 471
  • 役立ち度 7
    • 総合評価
    • ★★★★★

スティーヴン・スピルバーグ監督作。

死後、天使に導かれて守護霊となった男の葛藤と愛情を描いたファンタジー。

ダルトン・トランボが脚本を提供した1943年製作『ジョーと呼ばれた男』を巨匠:スティーヴン・スピルバーグ監督がリメイクした恋愛ファンタジーで、主演のリチャード・ドレイファスが愛する人を見守る守護霊を演じ、その相手役を“小柄な実力派”ことホリー・ハンターが名演しています(彼女の演技が最も輝くのは『ピアノ・レッスン』)。主人公の気のいい同僚役にジョン・グッドマン。

森林火災の消火を専門とする敏腕パイロット:ピートは、飛行中に同僚のアルを救う為に取った勇敢な行動が原因で事故死してしまう。死んだピートの前に天使が現れ、彼を守護霊としてこの世に戻すことを伝える。人間の目に見えない守護霊となったピートは、一人前のパイロットを目指す青年:テッドに天使に言われた通りアドバイスするが、テッドはピートと愛し合っていた女性:ドリンダに恋心を抱いていて…という“守護霊となった男の葛藤と愛情”を描いた恋愛ファンタジーで、『ゴースト/ニューヨークの幻』を連想させる作風になっています。

“相手の幸せを心から願うこと”の真意に胸がいっぱいになる、守護霊になった主人公と残されたヒロインの切なくも美しい愛情物語に、森林火災の消火という死と隣り合わせの危険な任務遂行劇を上手にミックスさせた作劇が出色で、中でもクライマックスの救出劇では手に汗握るハラハラの展開に惹き込まれます。テーマソングに選ばれた名曲「Smoke Gets In Your Eyes(煙が目にしみる)」のメロディアスな曲調もロマンティシズム溢れるストーリーに合っています。

蛇足)
天使役で登場するのは往年の名優:オードリー・ヘプバーン。本作が人生最後の映画出演作になりました。彼女の起用は『ローマの休日』のシナリオを書いたダルトン・トランボへの献辞でもあるのでしょう。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 泣ける
  • 悲しい
  • ファンタジー
  • ロマンチック
  • パニック
  • 勇敢
  • 切ない
  • かわいい
  • コミカル
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ