ここから本文です

セッション (2014)

WHIPLASH

監督
デイミアン・チャゼル
  • みたいムービー 3,671
  • みたログ 1.0万

4.10 / 評価:8064件

過激な先生と夢追う若者

  • zig***** さん
  • 2020年7月23日 13時07分
  • 閲覧数 689
  • 役立ち度 3
    • 総合評価
    • ★★★★★

厳しいのは良い。
でも、越えてはいけない一線があると思う。
私の恩師は言っていた。
「愛のない厳しさは、ただのイジメよ」と。

フレッチャー先生は、
教え子達に、下ネタまじりの罵声をあびせ、音程を外していない子をお前が悪いと追い出したり、鬱になり自殺した教え子の事を「自分のせいではない」と他人事だったり…
音楽に対する情熱は素晴らい人なのかもしれない。
でも、人としてはどうなのか?
と言わざるおえない。

教え子達、みんな下向いて暗いし。
音楽って、こんなだっけ?
と思ってるのかも。

上を目指す為、切磋琢磨、競争するのは良いと思うけど、これは何かちがう。
行き過ぎてる。
間違っても、この先生にだけは師事したくない。
音楽の世界に闘いを持ち込まないでほしい。
あと、椅子を投げたり物にも当たんないでほしい。
ドラムも可愛そう。

と、こんだけ言いましたが映画としては面白かったです。
プロを目指す為に必死に食らいつく主人公に感情移入しっぱなしでした。
ある意味エネルギッシュで、普段とは違う世界を垣間見た気分でした。 
でも、胃が弱い人、気が優しい人は観ないほうがいいかもしれません。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ