ここから本文です

ナイトクローラー (2014)

NIGHTCRAWLER

監督
ダン・ギルロイ
  • みたいムービー 2,217
  • みたログ 4,077

3.82 / 評価:2692件

アメリカならいかにもありそうな虚構劇

  • sol***** さん
  • 2020年9月4日 20時34分
  • 閲覧数 763
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

警備員を平気で負傷させ金目になる金属を盗み屑鉄屋に売却、或いは盗難した高級自転車を売却して糊口をしのぐ最底辺のこそ泥が、偶然目にした犯罪や事故のにわかスクープカメラマンになり、時には捏造映像をでっちあげ、時にはライバルの車に細工をし事故に遭わせ、時には故意に銃撃場面や逃走追跡場面となるよう計略撮影をしてのし上がっていく様を描いた作品。※スクープの為なら仕事仲間の死も全然気にしない



はっきり言ってテーマは最悪。反吐が出る!
たとえ創作映画であってもあれほどの絵に画いたような冷酷非情サイコパスをのさばらせたまんまエンドというのはもやもやムカムカ気持ちは良くない。
しかし、見方を変えて「サイコパスはどんな表情をしながらいかなる口調・論理で人心に食い込み、徐々に支配的地位を獲得しようと立ち回るか(いかにマウントを取るか)。そして邪魔者をどのように消し去るか」という一つの学習映画と見なすならば意義はあると思われる。

それだけ主演俳優は役に徹し切れていたということになるだろう。かっと目を見開き三白眼、瞬間的な四白眼と顔面の緊張を終始崩さなかった見事なサイコパス顔!
その他俳優陣も決して有名ではないようだがまずいと感じた場面はちょっと思い当たらない。

やはり最終的には監督が非凡なセンスを持っていたのは間違いないところ。

ああーっ、しかし残念なのは最低でも銃撃存命者の救護対応の怠慢、仕事仲間を計略的に殺害させた二つの件でサイコパスの検挙場面を組み込んでも良かったんじゃなかろうかと思える点。
それが無理でも最初の警備員からはぎ取った時計などから足がついて逮捕とか、ラストは期待したのだがね・・・

でも終いまで集注させられ通しだったということで総評三ツ星

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ