ここから本文です

ナイトクローラー (2014)

NIGHTCRAWLER

監督
ダン・ギルロイ
  • みたいムービー 1,864
  • みたログ 3,694

3.83 / 評価:2,488件

私はKYだとお困りの方、いい仕事あります♪

  • 絶対の客人 さん
  • 2015年8月25日 1時27分
  • 閲覧数 683
  • 役立ち度 3
    • 総合評価
    • ★★★★★

「あれ?なんか周り引いてんな…」なんて考えてたら務まらない仕事だな、パパラッチってヤツは(笑)

わずか一秒でも躊躇したらライバルに先起こされる。先起こされれば目の前のスクープは一瞬で鮮度を失い腐る。腐ればそれはもう1ドルの価値もなくなる…

そこに至るまでにも、その価値を見極める勘、運転技術、運に左右され、たとえライバルを出し抜いたとしても、そのスクープの質、カメラ技術、そしてここでもまた運に左右される。

こうなってくるともう、空気を読んでる暇なんてない。周囲を気遣うその1秒で、全てを失うことになるのだから…

イヤな商売だが、実は職場で空気が読めずに人間関係で苦しんでいる人にとっては、これほどの天職はないんじゃないか?ここはひとつ自分のKYを認めて、思い切ってパパラッチに転職してみるというのもアリかもしれませんよ♪

俺はパパラッチ擁護派かって?いや、擁護はしない。ただ「パパラッチは最低だ!」なんて言ってる人間の中にも、そんな彼らが撮った映像や写真を見て喜んでいるヤツがいることを考えれば、彼らの存在を擁護はしなくても認めなくちゃならんだろう。

人の人生に土足で踏み入る彼らだけど、そんな彼らだって踏み込まれる側の人間のニーズにしっかり答えた仕事をしてるワケだからね。

それが嫌なら、あなたたちも彼らが撮ったスクープ映像を、自ら進んで見ようとしないことだね……そんなメッセージが、演技、演出、音楽からじわじわと伝わってくる……まあそんな映画です(笑)

とにかく、主人公のルイス・ブルームを演じた『ジェイク・ギレンホール』の狂気に満ちた演技と、監督&脚本の『ダン・ギルロイ』の演出。そして、【ダークナイト】の印象が強い『ジェームズ・ニュートン・ハワード』の音楽が絶妙に混ざり合って最高に不気味なアンサンブルを奏でている!

ラストの後味の良し悪しに関しては、この作品の場合、それはあくまで観る人の感性によって極端に違ってくると思う。個人的にはメチャクチャ後味の悪い終わり方に感じた。

でもそれがL.A.という街の真実…そう感じさせる説得力がある。皆さんはどう感じただろうか?

この作品から伝わってくる不気味さは、決してパパラッチの心情を映したものだけではなく、そんな彼ら存在を否定しながらも、どこかで求めている自分ら見る側の心情を映した不気味さのように感じました。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 不気味
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ