ここから本文です

はなちゃんのみそ汁 (2015)

監督
阿久根知昭
  • みたいムービー 106
  • みたログ 575

3.59 / 評価:440件

俳優陣には敬意、生保協賛の制作意図は拒否

  • sol***** さん
  • 2020年2月20日 21時31分
  • 閲覧数 620
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

真っ先に「住友生命」とテロップされるので潔いと言えば潔いが、これほどあからさまな生保勧誘映画もある意味珍しいかも。
おまけに代替治療や玄米自然食を続け、がん定期検診をおろそかにしたために全身転移し死期を早めた、と言わんばかりの構成は底意地が悪すぎるっ!!

住友は製薬関連もあるので当然映画中のメイン治療である抗がん剤にも関与しているであろう。つまりは製薬・生保の完全プロパガンダ。
実はパッケージを見た時に嫌な予感はしていたが、予想通り心底気持ち悪い制作意図だったことに逆に感心してしまったよ。
抗がん治療で苦しみながら死んでいった身内がいるので抗がん剤を肯定することは私には無理。
医療・生保・製薬業界はいかにも善人面しながら結局はがん患者の不安をあおり金をむしり取る偽善的な地獄の獄卒というのがよく理解できた。
「一緒に頑張りましょう!」という女医のセリフの白々しさには全く反吐が出る。

※映画中では代替医療家がぼったくっているかのような印象操作をしているが、未見なので原作ではどういう書かれ方をしているかはわからない。仮に事実を淡々と書いているだけなら映画制作側の故意の印象操作ということになるし、代替医療と玄米自然食を批判的に書いていたということであれば、それに便乗したスポンサーと制作側の態度は極めて「悪趣味」と言わざるを得ない。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ