レビュー一覧に戻る
美しき獣
2015年1月10日公開

美しき獣

KISS OF THE DAMNED

962015年1月10日公開

fg9********

3.0

それほどのヒドイ出来映えでもない

 …ジョン・カサヴェテスの娘のザン・カサヴェテスが監督したヴァンパイアものだ。  …ヴァンパイアものとゾンビものはあまり好みではないが観てみる。  …あらすじは、解説のとおり。  ある日、ヴァンパイアの女性主人公ジュナは、レンタルビデオ店で一人の男性パウロと出会う。  お互いに一目惚れしてしまったが、ジュナはパウロを愛してしまったら、噛み付いて彼をヴァンパイアにしてしまうことを恐れて距離をおく。  でも、どうしても愛する気持ちを抑えられないもんで、自分の素性をパウロに打ち明ける。  そうしたら、俺こそ本当にあんたを愛してるんだから、ヴァンパイアになったってかまわないよ、ってなことで、ヴァンパイアの恋人同志の出来上がりだ。  二人は動物の生血を吸って仲睦まじく暮らしていたが、そんな折、ジュナの妹のミミが居候として転がり込んで来る。  このミミが性悪のヴァンパイアで、ルール?を無視して人間を襲って飢えを凌ぐのだ。  そんな悪たれのミミを、姉のジュナが「オイタをしてはイケナイヨ」と叱責するのかと思ったら、ひたすら翻弄されまくりで、おまけにパウロを寝取られてしまう。  この事実が発覚しても、寛容な?ジュナは妹ミミをド衝こうとしない。  で、遂には鹿さんがミミに天罰を下し、ミミは交通事故を起こして気を失い、 その間に夜が明けて太陽が登り焼かれてしまう。 通りかかったジュナの家政婦に助けを求めたが、「アンタなんか焼かれて死んでしまったほうがいいのよ」と見放されて、ミミは灰燼と化し、ジュナとパウロは仲直りをして別天地へ旅立つのであった。  なにやら茶化したような文章になってしまったが、それほどのヒドイ出来映えでもなかったので、2.8点の☆三つ、一見の価値はあったとしておこう。

閲覧数908