ここから本文です

脳内ポイズンベリー (2015)

監督
佐藤祐市
  • みたいムービー 240
  • みたログ 2,003

3.34 / 評価:2065件

暗黒付箋ぺたっ。

  • ねじまき鳥 さん
  • 2018年1月9日 0時22分
  • 閲覧数 1762
  • 役立ち度 5
    • 総合評価
    • ★★★★★

あーでもない、こーでもない。
そう、皆、決断を迫られると心の中では葛藤するものです。
迷わず決断しました!
なんていうとかっこいいけどさ。
実際は瞬時にも計算は働くし、もしくは日頃から考えているからこその決断、ってのもあります。
でも、そんな時でもこんな風に違うように考える自分がたくさん脳内にいるはず。。。

それをとっつきやすく恋愛でコミカルに描いたのが本作。
揺れる女心を脳内会議で表し、小さいことでもわちゃわちゃ大騒ぎするのが面白いです。
シンゴジラを見た後だと、長谷川博己に不必要すぎるくらいの指揮官感が出ちゃいますが。
皆の会話をきいてると、アクセル役、ブレーキ役、直感重視役、などなど。確かに私の中にも何人もいるんだろうなぁ、、
と思っちゃいます。

年下彼氏くんの俳優さんが、この役にぴったりで、非常に「っぽい。」。
爽やかで、やる気なくて、でも、意外となんか考えてる。
若い年下彼氏役として萌え萌えポイントをついてくる配役。
対抗馬の大人社会人も程よく素敵で、どちらも漫画原作にしては絶妙な現実感をついてくる実写化だな、と。

ただ、そうなると、致命的なことに真木よう子がちょっと違うんだよな。
どっちかというと女王様キャラで、とてもじゃないけど操られキャラじゃない。

まあコミカルなのですが、脳内会議もイメージ通りでこれといって意外なことがあるわけでなし。
身の丈じゃない恋愛に踏み出す葛藤のはずが、結局ヒロインがなんだかやたらモテちゃうという展開もお手軽感満載だし。
コミカルでよかった、とも割り切れない、いまいち満足感の残らない仕上がりでした。

暗黒付箋、つけさせて頂きます。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • ロマンチック
  • コミカル
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ