ここから本文です

脳内ポイズンベリー (2015)

監督
佐藤祐市
  • みたいムービー 237
  • みたログ 1,930

3.34 / 評価:2,007件

最後までイライライライラ。

  • m_c***** さん
  • 2019年7月8日 12時35分
  • 閲覧数 395
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

まず自分は男性目線で見ていて、一部勘違いしている部分もあるかもしれませんのでご了承下さい。

全体の設定とキャスティングは批判しません。別に悪くないと思います。
が、致命的なのが主人公の櫻井いちこに何も共感が出来ない点。真木さんを嫌いになるレベル。
訳のわからない言動と行動で女性としての魅力をまったく感じませんでした。
ただのメンヘラのやばいやつという結論です。
で、他の登場人物の男性二人ですが、こちらも主人公に比べれば全然マシなのですが例えば早乙女の『30歳?ないわ〜』の説明で『30歳には見えないほど若い』って意味でと言いますが、これも『30歳?見えないわ〜』って言ったのをいちこが聞き間違えたで良くない??良い意味で『ないわ〜』は自分は使わないので理解出来ませんでした。
もうひとりの男性越智も、全体的にはマシだったのですが早乙女にキレた後に、いちこにはキレないで欲しかった。振られた女性にキレた事で越智という人物が一瞬で器の小さい男になりました。それまでの彼の言動や行動からそこは紳士で通せばよくない?

終始自業自得な主人公ですが、自分の発言内容は考えてはいますが結局その発言で相手がどう思うかまで何も考えておらず、気遣って言ったつもりで傷つけたり、気遣って言わない事が傷つけていたり負の連鎖。。(でもこれは恋愛で現実よくありますよね)僕は喧嘩を恐れずに全部言ってくれた方がいいと思う人間なので、いちこという女性は『心は開かず股開く』という最悪な印象です。

だから自分の希望としては最後に、自分で考えてるだけじゃダメで説明が下手でもなんでもいいから相手と話をして、本心でぶつからなければダメなんだという主人公の『気づき』みたいのがほしくて最後まで見ましたが、結局最後まで『あなたといると私がダメになる』とまるで相手のせいにして強制終了してる様にしか見えません。苦笑。悪いのは私の周りの男のせい、さぁ悪い事は忘れて次行ってみよ〜みたいな明るいエンディングに絶句。

こういう人って、失敗から何も得てないんじゃないかなと思います。
だから次も同じ事を繰り返すんだろうな〜という軽蔑で終わりました。

ちなみに一緒にみた彼女に主人公理解出来る?って聞いたら少し理解出来るというので、どこが???とちょっと口論になりそうでした。。。
少なくとも初デートとかで見なくてよかったと思いました。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 絶望的
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ