ここから本文です

ブルックリンの恋人たち (2014)

SONG ONE

監督
ケイト・バーカー=フロイランド
  • みたいムービー 282
  • みたログ 753

2.71 / 評価:418件

なんか夢に出るやつ

  • bzf******** さん
  • 2020年9月12日 6時37分
  • 閲覧数 586
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

相手役の男性のキャラクターが面白かった。あまり主張しない内向的でファンタジー感のあるシンガーソングライター。感情が分かりにくくて、はっきり言わないし途中まで脇役と思っていたので展開としてはこっちかいと思わず突っ込んでしまったが妙に気になる存在感があった。歌う時ギター弾いて最終的にヴァイオリンを弾くというテンドンもなんかツボに入った。歌の歌詞は正直意味が分からないせいもあり感情移入しきれなかったかもしれない。
ストーリーよりは演技やアンの美しさ、ブルックリンのクラブ、地下鉄や路地のライブ感、色んな音が楽しかった。中途半端で消化しきれないイメージがありすぎてシーンや雰囲気だけがバラバラになって思い出されそう、あれなんだったっけと夢に出て誰かに話しても伝わらないやつ。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ