レビュー一覧に戻る
コードネーム:プリンス

lun

3.0

脚本に穴がありまくり笑えるトンデモ映画

ハードボイルド!悪vs悪!娘を守る元殺し屋パパ!――作り手はこう言いたいんだろうが、脚本が酷すぎて大笑いするしかないトンデモ映画。 バディーになる娘の友達が、最初あばずれ丸出しなのに途中から真面目な娘になり、見ていて笑える。しかも帰れ言われても帰らなかったのに「なんでこうなったか説明してよ」と逆ギレ。これスタッフ役者誰一人脚本読んで疑問に思わなかったんか? 主人公「うおーっ(バーに殴り込み)」>反社「あいつは20年前に俺達を壊滅させた奴」 <見かけただけでなぜわかる。20年経ってるんだぞ 主人公「うおーっ」(昔の仲間に乗り込む)>仲間「わかったやろう」 <なぜwww 主人公「うおーっ」(麻薬ディーラーに殴り込み)>娘「すやすや」 <なぜそこでわかりやすく寝てるwww ここまでのコメディー映画、なかなかないぞ。カス映画マニア必見! ゲラゲラ笑えたので星ひとつ足して3 真面目に見るならもちろん星2だよー

閲覧数244