ここから本文です

ハンガー・ゲーム FINAL: レジスタンス (2014)

THE HUNGER GAMES: MOCKINGJAY - PART 1

監督
フランシス・ローレンス
  • みたいムービー 118
  • みたログ 1,305

2.84 / 評価:1109件

ハンガーゲームじゃなくなってるし

  • izq***** さん
  • 2020年10月24日 0時00分
  • 閲覧数 181
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

FINALの前編ということで、中途半端で終わるのは致し方なしか。ただ、革命戦争ものになってしまって、既にハンガーゲームでもなんでもなくなってるし。
直接的な戦闘シーンも無く、反乱軍の様子をただず〜っと観させられてる感じ。反乱軍ボスの女首相がリーダーとしてはかなりいまいちな印象。士気高めることだけで、何の具体策もない感じ。
主役のジェニファー・ローレンス演じるカットニスの戦闘シーンもほとんどなく、革命戦争の象徴になってるが、本人は捕虜になったピータの救出や家族のことしか頭になく、このまま大統領のいるキャピトル側を仮に倒したところでどうも主役のモチベーションにGAPが出そうで、どうおさめるつもりなのかがよく見えない。と、いうことで最終作も観ざるを得ん。

話しは前作で中断したハンガーゲームから、カットニスが救出され、目が覚めるとこから始まる。破壊された第13地区の地下に潜む反乱軍に合流。カットニスはそこで反乱軍の士気を高めるための象徴として、利用されることになる。
カットニスの住んでいた第12地区は、ハンガーゲーム中断の後に爆撃をくらい、カットニスの家族や元恋人のゲイルら生き延びた連中も反乱軍に合流していた。
反乱軍側はカットニスの映像を使い、士気を高め、各地での反乱を煽る。
一方でスノー大統領のキャピトル側は、ハンガーゲームでのカットニスの相棒ピータを捕虜にして、ピータに停戦を呼びかけさせる。そして、各地の反乱への報復として、第13地区を爆撃するが、反乱軍はシェルターに避難して耐える。
ピータがTVで第13地区の爆撃を伝えたこともあり、反乱軍側は捕虜の奪還作戦をはかる。スノー大統領にはバレバレだったが、何故か捕虜救出には成功。
カットニスは、救出されたピータと再会するが、ピータは突然カットニスの首を絞めようとして取り押さえられる。
捕虜救出に成功した反乱軍が士気を高める中、カットニスはベッドに縛りつけられた錯乱するピータを見つけたところで終幕。
今のところは、スノー大統領の手のひらで反乱軍が踊らされてる感じの雰囲気で次作に続く。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ