ここから本文です

ハンガー・ゲーム FINAL: レジスタンス (2014)

THE HUNGER GAMES: MOCKINGJAY - PART 1

監督
フランシス・ローレンス
  • みたいムービー 118
  • みたログ 1,327

2.84 / 評価:1126件

繋ぎ感が半端無い、最後こそは頼む!

  • X height さん
  • 2015年6月15日 7時11分
  • 閲覧数 1297
  • 役立ち度 9
    • 総合評価
    • ★★★★★

2作目でようやくシリーズの流れが見えてきたので、最終章は今までの鬱憤を晴らすべく今度こそは楽しめそうだなとそこそこは期待していたのですが、世間の評価は相変わらず・・・そして見てみてそれも大いに納得、またしても壮大な前置きだった訳ですね(苦笑)
そもそも最終章を2部作にする必要はあったのか疑問に思わずにはいられないのですが、アメリカではヒットしているのでしょうから、まあ仕方ないのか・・・日本では大コケ臭が漂ってますけど。

ただ、ストーリー自体は意味不明なサバイバルバトルを繰り広げるよりも、今回よっぽど見応えはありましたけどね。
独裁国家VS反乱軍、もう全然タイトルのハンガーゲームとは関係なくなっちゃいましたが、見る側の気持ちの盛り上がり的にはこっちの方がストーリーの核がしっかりしていて、引き込まれるものはありました。

しかし、相変わらずの前置きの長さ、と言うか、今回は全部が後編への前置きで、アクションらしいアクションはほぼ無しでしたから(一回だけ弓矢引いたぐらいか)、見ていて本当にもどかしかった。
このシリーズは毎度毎度焦らされるだけ焦らされて、結局お預けですから、よほどのドM体質じゃない限り、満足できる人はそうそういないのではないでしょうか。

もしこれがジェニファー・ローレンス主演じゃなかったら、途中リタイアしてもおかしくないレベルなのですが、そこはさすがオスカー女優のジェニファー・ローレンス、何だかんだで彼女の演技には引き込まれてしまうんですよね。
今回は彼女の心理面のドラマがメインでしたから、より演技力の高さが目立ちました。
逆境に耐える役どころが、本当に嵌る女優さんです。

まあPVなんて作ってないで、さっさと戦うことを決心して先に進んでほしかったのが本音ですけど。
でもあのPV、カッコ良かったですね。
ホフマンが何故かプロデューサーと化していたのは笑っちゃいましたが、エンドロールでホフマンに捧ぐの文字が出てきた時は本当に寂しい気持ちで一杯になりました・・・こんな役が遺作?後編も出るの?

スノー大統領VSカットニスの構図に、ちょっと裏がありそうなジュリアン・ムーア演じる反乱軍のボスが絡み、一体どうなって行くのか、こうなったら最後まで見るしかないですが、最後こそは頼みますよ・・・最後もショボかったら★1個もありかも(笑)
しかしピータは毎度毎度足手まといだけど、泣かすねぇ~、カットニスが惹かれるのも納得。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 勇敢
  • かわいい
  • かっこいい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ