オール・ザット・ジャズ
3.5

/ 231

21%
32%
31%
10%
6%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

解説:allcinema(外部リンク)

作品レビュー(47件)

セクシー13.0%ゴージャス11.5%かっこいい9.9%切ない7.6%ファンタジー6.9%

  • ech********

    1.0

    監督知らなきゃチンプンカンプン

    ハリウッドでは有名なフォッシー君の自伝的映画ですから、彼の半生を知ってる前提なので、知らない人にはそもそもお話が分からなくてストレス全開です。 ・色んな人が出てくるけど背景や関係性わからない人が多数アリ ・芸人の映画を編集してるところが唐突に出てきて意味不明 ・時々出てくる回想か幻想みたようなシーン、意味不明で未来の予告まであったとは、はぁー? ・薬飲んで目薬差してショータイムだ、って何度も出てくるけど何の符牒? ・繰り返し出てくるジェシカ君ってどういう位置づけ? などなど、あとの方でなんとなくわかったこともいくつかありましたが、少なくとも最初の一時間はイライラの連続です。予備知識なし、初見でわかるんですかね? まあ、踊りと唄だけ楽しむだけならいいんでしょうが、お話が分からないのは無理です。

  • yuw********

    4.0

    ネタバレ好きなシーンがたくさん

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • yos********

    3.0

    ネタバレヤク中おやじとレオタードダンサー

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • きむらおだお

    4.0

    死がリアル

    名声も得た男の死の物語。 自分の人生はショービズ。 死出、死の女神?も舞台仕立て。 恐れはあるが悔いはない。そう見えました。 これだけ好きなことして成功までしてればね~。 そうではない99.9%の人間の死は、自分も含めてどんななのだろうと、考えさせられました。 演技よし、映像よし、音楽も。

  • mat********

    3.0

    公開当時は斬新だった印象が…

    公開当時以来、2度目の劇場鑑賞。 公開時にはかなりインパクトがあったので午前10時の映画祭で観ることにした。 当時は「ボブ・フォッシーすげーよ!」って思ってた。 「キャバレー」も「レニー・ブルース」も「スター80」も、もちろんこの作品も全部面白かったから。 しかし今観るとそれほどスタイリッシュではない。 しかも当時ほどシュールさを感じなかった。 とにかく主人公が病気になってからが長くて少し退屈する。 あれほど「新しい」と感じた映画だったのに。 時代の流れには勝てないか。 その代わり新しい発見もあった。 当時は洋楽をあまり知らなかったが、実はこの作品は楽曲が凄い。 エンドロールみてビックリした。 期待しすぎてハードル上げてしまったのがいけなかった。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


受賞歴

アカデミー賞第52回

音楽(編曲・歌曲)賞美術監督・装置衣装デザイン賞編集賞

カンヌ国際映画祭第33回

パルム・ドール

基本情報


タイトル
オール・ザット・ジャズ

原題
ALL THAT JAZZ

上映時間

製作国
アメリカ

製作年度

公開日
-