2015年1月31日公開

悪魔の存在を証明した男

THE POSSESSION OF MICHAEL KING

832015年1月31日公開
悪魔の存在を証明した男
2.4

/ 57

4%
9%
37%
28%
23%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

大切な妻が事故でこの世を去り、ショックに打ちひしがれるマイケル(シェーン・ジョンソン)は、その原因が占い師の誤ったアドバイスにあると考え、神秘性や超自然現象に嫌悪感を覚えるようになる。そしてマイケルは、超常現象を否定すべく悪魔の存在を解明するドキュメンタリー制作に着手する。自らを実験台に悪魔の降臨実験や取材をしていくうちに、やがて不可解な現象に悩まされるようになり……。

シネマトゥデイ(外部リンク)

本編配信

スマートフォンご利用の方はアプリから視聴できます。

作品レビュー(19件)

不気味22.2%恐怖20.0%絶望的15.6%パニック11.1%悲しい6.7%

  • oir********

    1.0

    悪魔憑き一人芝居ご苦労様と言いたいが・・

    占いや魔術などは頑なに信じない男が、妻の死を招いたのは占いのアドバイスのせいと占い師を攻撃。それら神秘現象の無意味さを明らかにするため、自らを被検体として悪魔召喚の儀式を実行。 最初は馬鹿にして何も起こらないと高をくくっていたが、徐々に何かの声が聞こえ出すなど心身失調状態に陥り奇行や暴力衝動を制御できなくなってしまう。 そしていよいよ暴力の矛先は身内にも向けられていく・・・ ドッキリ演出で少しゾゾッと来た場面はあるものの、基本的には怖くないC級ホラー映画。 しかし低予算ながらよく工夫を凝らし一人芝居も頑張ったのは良く伝わってきたので主役には努力賞敢闘賞を差し上げたい心境。 とはいえ、神秘現象を見くびり軽率に悪魔召喚し、憑依されて制御困難になった末、最終的に取った行動があれではポジティブとは言えない。 良心があるならば、憑依した悪魔を引きはがす方途(エクソシスト術など)も示すべきだったと私は思う。 結局は金さえ稼げれば「悪魔に魂を売る」輩の作った低俗映画ということ。 マイナス三ツ星

  • lovery

    4.0

    事実に近い。良く調べてる

    途中悲鳴をあげてしまったけど自分の胸を自分で切るシーン 序盤は笑えたけど段々笑えなくなる これよく調べてある。 本当に悪魔に取り憑かれてる人は存在するけどこの悪魔一番嫌い。 最後に解決策がなく結局悪魔によって死んでしまわざるえなかったのがとても遺憾です ただ、娘を守ろうと最後まで抵抗したところは慈愛を感じるけど主人公の家にいた女性が主人公のケアを一切しなかったところがとても不愉快。 悪魔祓い出来る人はとても少ないけどビデオであれだけ沢山の事が自分で撮れるなら探し出すこともできたのでは??と思った。 詰めの甘い作品だけど悪魔の事ちゃんと調べてたからこの評価で見る価値ある。

  • uso********

    2.0

    ネタバレファウンド・フッテージ形式のスリラー

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • baw********

    2.0

    ありきたりな展開

    タイトルとR指定に惹かれて観賞したが、なんのことはないありきたりな映画だった。

  • いやよセブン

    2.0

    悪魔に挑戦!

    妻を交通事故で失った男が、原因が占いからきていると思い込み、悪魔がいるのなら自分に取りついてみろ、と訳の分からないことを言い出す。 案の定、悪魔はやってくる。 チカチカ、ユラユラで目が疲れる。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


基本情報


タイトル
悪魔の存在を証明した男

原題
THE POSSESSION OF MICHAEL KING

上映時間

製作国
アメリカ

製作年度

公開日

ジャンル