ここから本文です

あん (2015)

監督
河瀬直美
  • みたいムービー 652
  • みたログ 3,783

4.15 / 評価:3659件

人間の負の側面が見られる悲しい映画

映画『あん』を地上波でやっていたので録画して観ました。
刑務所から出所した千太郎(永瀬正敏)は高校生に焼き損じをあげて細々とどら焼屋をやっていた。
そんな店に徳江(樹木希林)という女性が安い時給で良いので働かせてくれと言ってやってくる。
根負けした千太郎は仕方なく働かせる。
しかし、徳江が作る粒あんが評判となり店は繁盛。
同じく働きたいと店に来る女子中学生のワカナ(内田伽羅)と親しくなる。
ところが徳江がハンセン病を患っていたことが近所に知れわたり、お店の客が減っていき…という物語。
樹木希林と孫の内田伽羅の共演でした。
まず原作が金髪の叫ぶ詩人の会のドリアン助川ということで火垂るの墓の原作が野坂昭如であると知った時と同じくらいの衝撃でした。
見た目のためかハンセン病は世界でも隔離されていたそうですが、日本では隔離政策の“らい予防法”が廃止されたのが1996年と私に言わせればつい最近。
最後の徳江のテープレコーダーに吹き込んだ言葉は映画館の大画面で観ていたら確実に号泣していたと思いました。人間の負の側面があらわになる悲しい映画でした。

#あん #樹木希林 #内田伽羅 #永瀬正敏 #ハンセン病 #同和問題 #差別 #火垂るの墓 #ドリアン助川 #テープレコーダー

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 泣ける
  • 悲しい
  • 恐怖
  • 勇敢
  • 絶望的
  • 切ない
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ