2015年5月30日公開

あん

1132015年5月30日公開
あん
4.2

/ 3,737

46%
34%
13%
4%
3%
作品情報上映スケジュールレビュー

作品レビュー(527件)


  • min********

    5.0

    何となく見た映画が最高だったという

    WOWOWで放送されてたのをたまたま見たんですが、かなり見入ってしまい最後まで夢中になってしまいました。 樹木希林さんの演技だったり、ハンセン病の差別のことなども改めて考えさせる事がたくさんありました。 ここのコメントで河瀬監督の発言等で低評価する人がいますが、とても残念に思います。 ここは映画の評価をする場所で、感覚嫌いだから韓国映画を低評価する人、その他映画に関係なく低評価する人など削除してほしいです。

  • oosakanikaereru

    2.0

    良い映画かも知れませんが・・・

    数年前にこの映画を劇場で観たときには非常に感動しました。 しかしながら、最近の河瀬監督の一連の報道により、残念ながら思い出が悪い方に塗り変えられてしまいました。

  • sss********

    4.0

    ハンセン病と差別について

    この映画でハンセン病に興味を持って色々調べたけど、ハンセン病が完治してるか確実に分からない状態で雇うのは得策ではないのかなと思った。乳幼児には感染する可能性がごく稀にあるから。でも稀にとか低いっていう言葉はずるいよね。絶対にじゃないから。絶対に感染しないと確認できない限りハンセン病患者を避けることは道理があるから。 この映画を通して差別と区別の違いって何だろうと思いました。 ハンセン病患者を雇うことを差別感情ではなく論理的に反対する人が居れば、もっとこのテーマが深くなるかなと思いました。 あと空気感が好きです。樹木希林さんの演技は泣きそうになります。

  • tot********

    5.0

    よかった

    じんわりと心に染み入る素敵な映画。心に傷を持つ人たちが呼応して、優しい繋がりが出来る。思いは強く訴えず、静かにそこにあった。観てよかったです。

  • ntq********

    5.0

    なんとなく良い

    放送していたのでなんとなく見ました。 冒頭、これは退屈な映画かと思いましたが、引き込まれました。 樹木希林さん、流石上手いですね。この人でなければ退屈な映画となったかもしれません。 特に盛り上がるところもないけど、最後まで飽きずに試聴できました。 国の政策が間違いだったハンセン病対策を社会的に強く出すこともなく、自分の意思で生きていく事が難しい人たちの繋がりを淡々と描いて見せた。 そう考えると結構良い映画だと思います。

  • chi********

    5.0

    いい作品だった

    樹木希林さんの世界だった。 涙が出てしまった

  • kur********

    2.0

    ネタバレ自主製作出身の人ってなんでこうなるの?

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • ma8********

    3.0

    樹木希林と素人集団

    永瀬正敏が苦悩するやさぐれを演じるのは見飽きてるし世間の悪意を演じる役者さん達の芸達者な演技にも既視感が凄い。 あとは動物と子供には勝てない的な撮り方で素人ばっか登場。 樹木希林だけが印象に残るがやはり既視感はある。 テーマとしての差別告発を含めてある種の安易さばかりを感じて評価の異様な高さがわからない。 映画を貫くこの安易さこそが実は偽善やアザとさの正体かもとさえ思ってしまった。

  • mar********

    5.0

    ネタバレ小豆がたどってきた過程に思いを馳せる

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • fif********

    5.0

    久しぶりに自然と涙が

    いつぶりだろう、映画を観ていて気付いたら泣いてました。 人によって感じるところは違うと思います。 別に泣かない人もいると思う。 生きていることが幸せだよなって、心ゆさぶられた映画でした。

  • y2m********

    5.0

    ネタバレ見る事ができて良かったです

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • hiy********

    5.0

    音も素晴らしい

    一人の人間が再生していく物語としてとらえることができました。徳江さん、店長さん、そしてワカナちゃんの出会いはまるで奇跡のよう。人の生き方にここまで大きな影響を与える存在、というふうに考えると、これこそ奇跡のキャスティングです。 そして何といっても音が素晴らしいです。葉っぱの巻き上がる音、小鳥のさえずり、小豆がさらさらこすれる音…。音に引っ張られて物語が進んでいくような感覚でした。 観終わった後は心が洗われたようでした。

  • HR

    5.0

    泣けました…

    以前、ハンセン病の資料館に行ったことがあり、ハンセン病についての知識があった上でこの映画を観たら涙が止まらなかったです。 生きる意味があって、みんな生きている。 本当に素敵な映画でした。

  • arl********

    4.0

    いい映画でした。

    いい映画でしたね。内田伽羅(女子中学生役)って樹木希林の孫娘なんですね。いい味出してました。 いっそのこと永瀬正敏じゃなくてもっくんにすればよかった?(バカ)

  • tatitukusumaegam

    4.0

    ハンセン病と生きる意味と…

    タイトルの二つのことを学ばせてもらいました。また、あんを作る過程がたまりません、唾が出る…。

  • ☆希望の星☆

    3.0

    河瀬監督は接写を好むようだ

    あんとはあんこのこと 和菓子にとってはあんはおいしさの決め手 映画を観ながら どら焼きを作ってみたくなった 樹木希林という役者 前の芸名時代から注目していた がんを公表して以来は 自分が生きていた証と言いたげな作品を選び 次々と撮っている 今作も言いたいことはわかるが 女子高生役に孫(元木と也哉子との間の)を出演させているのは 理解するのは苦しい 下手ですよ!

  • aki********

    1.0

    ネタバレ偽善的

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • kot********

    4.0

    かごの鳥が表すもの

    静かに進むストーリーの中に、感染症と風評被害といった社会問題を取り込んだ作品でした。こう書くと暗い作品のように思われますが、樹木希林さんの演技で暗くなりすぎず、だけども考えさせるところは押さえるという作風になっています。 故・樹木希林さん主演ということで、前知識無く見てみましたが、重いメッセージを感じました。作品中に少ししか出てきませんが、かごの鳥が主人公の歴史、心情をよく表しているなと感じました。

  • tam********

    3.0

    だから何だったのだろう?

    独特の間の長さが全体通してある。桜や新緑は美しく捉えているが、題材とし効果的な演出となっていたかは疑問が残る。前半から中盤にかけての樹木希林さんと永瀬さんのやり取りは面白く物語に引き込まれていく。後半になるにつれてハンセン病という問題を投げかけてくるがモヤっとした終わり方でスッキリしない。

  • エル・オレンス

    4.0

    ネタバレ晩年の名演技が本当に素晴らしい・・!

    このレビューにはネタバレが含まれています。
1 ページ/27 ページ中