レビュー一覧に戻る
スーパーヒーロー大戦GP 仮面ライダー3号
2015年3月21日公開

スーパーヒーロー大戦GP 仮面ライダー3号

952015年3月21日公開

cat********

5.0

ネタバレやって欲しいことはほとんどやってもらった

長くなりますので、途中で読むのを止めていただいてもかまいません。 今更ながら視聴しました。 そのため、多くの方があげている「続編ありきの脚本」に関しては 「仮面ライダー4号」を視聴することを前提に見ていましたから特に不満はありませんでした。 私は仮面ライダーは「クウガ」「アギト」「555」「電王」「ドライブ」など一部の作品と、「BLACK/RX」を少し知っている程度でライダーファンとしては初心者です。 個人的に良かった点を挙げると ・南幸太郎の登場と仮面ライダーBLACK/RXへの変身 ・「子供たちの夢を守り~」という台詞 ・課長の殉職シーン ・及川光博さん自身と仮面ライダー3号のデザイン ・ブレイドのキャスト陣 ・ファイズ アクセルフォームvsマッハ ズーットマッハ&カブト クロックアップ ・「マシンを最も速く操れるものが~」「完膚なきまでに~」と相手の言葉で誘いに出る ・ウィザード、カブトまで各自の能力を演出されていた ・ライドロンとトライドロンの競演 ・トライドロン内でのフォーミュラシフトアップの使用 ・デネブの登場と侑斗との絡み ・シグナルカクサーンの有効活用 など、個人的にやって欲しいなと思っていたところをほとんどやってもらった感じでした。 特に、ドライブ本編ではあまり見られなかった「各タイヤ/シグナルバイクの有効活用」や「フォームに対応したトライドロンのギミック」が見られたのは大きいです。 不満であった点も挙げると ・ベルトさんとの会話が少ない  ⇒結局歴史改変後のベルトさんの位置があいまいでした。 ・Jの安易な巨大怪人扱い ・ブレイド勢の扱い ・GPでのトマーレによるライダー戦省略 ・チェイスの即退場 ・ゼロノス ベガフォームの登場なし などです。 これらのほとんどの理由は「時間の都合」と言うことになるのでしょう、残念でなりません。 それと、多くの方が「戦隊の登場」に対して不満が多かったですが、このようなライダー大戦には仕方がないことなので割り切って見ることにしてました。 (しかし、巨大ロボ活躍のためにJがかませ的な扱いで終わってしまうのは流石に無いと思いましたが。) また、昭和含め主要ライダー以外のライダーの扱いが悪いという意見に関しては、確かにそう感じざるを得ませんでした。 ですが、本人キャストをほとんど用意できない状態で、妙に昭和ライダーにスポットを当てた展開を用意しても「本人キャストでないのに~」というような意見も出ていたでしょうし、仕方なかったとも思えます。 3号がV3やライダーマンに向けて強い敵意を表しているシーンも「3号自身が異様なほど強さに固執していた」という部分を協調する為に3号、4号であるV3とライダーマンが標的になったのだろうと私は解釈しています。(もちろん、一個人の意見です。) 様々なライダーを見ていくことで、自分が最も好きなライダーというものができ、そのライダーが不遇な扱いを受けると悲しい気持ちになることも事実です。 ですから、「私がライダーファンとしては初心者だったのでこの作品を楽しめた」のかもしれません。おそらくそうでしょう。 最後に、この作品は主に「555」「電王」「ドライブ」が好きな人はかなり満足できる作品ではないかと思います。 「仮面ライダー4号」も上記の作品のキャストがメインとなりますので、是非視聴してみてください。

閲覧数1,028