レビュー一覧に戻る
スーパーヒーロー大戦GP 仮面ライダー3号
2015年3月21日公開

スーパーヒーロー大戦GP 仮面ライダー3号

952015年3月21日公開

ZZZ

3.0

ネタバレ色々てんこ盛り

ドライブの世界(?)が歴史改変マシーンとやらにより、ショッカーが支配する世界になってしまったというお話。 確か、仮面ライダー3号は、石ノ森先生が新しい仮面ライダーをと思い、登場させたものの、東映の方から、デザイン(?)の刷新を求められた為、正式な3号として、V3を登場させたという様ないきさつがあったと記憶している(あまり自信はないが)。 なので、漫画版の3号の姿は分からないが、本作の3号は、悪いデザインではないものの、1、2号とは、かけ離れており、同時期の改造人間とは思えない。 仮面ライダーのオリジナルキャストの方が何人か登場されている。が、メインの仮面ライダーが余りいないのは少々残念。 又、最後の方で、唐突にヒーロー戦隊が参戦してくる。残念ながら自分は全く知らないので、?マーク。 クロスオーバー作としては楽しい映画ではあるが、何か色々詰め込み過ぎの様に思う。結果、ごちゃごちゃ感が強い。 そして、本作は、dTVの「仮面ライダー4号」へつながるエピソード0的な位置付けになっており、話としては完全に完結はしない。 真の結末を知りたい方は「仮面ライダー4号」を見なければならないという、小ずるい映画になっている(但し、dTVの方は明らかにスケールダウンしているが・・・)。

閲覧数620