レビュー一覧に戻る
インサイド・ヘッド
2015年7月18日公開

インサイド・ヘッド

INSIDE OUT

942015年7月18日公開

yuw********

3.0

ヨロコビがもう少し可愛ければ・・

以前、テレビで見た。なかなか興味深い題材だった。 途中でやや混乱するが。本体の行動は中の感情たちに左右されてるのか?と、「鶏が先か卵が先か」の感覚に陥ってしまって・・・。 でも現実の町並みなどとてもきれいだったし、それに対した心の中の風景もダイナミックでおもしろかった。 ただ、最後まで一番気になったのは、「ヨロコビがもう少し可愛ければ・・・」。 主役を張るには華がない。感情の一つとはいえ、もう少し何とかならなかったのかなぁ。 私は吹き替えで見たのだけど、もしかしたら声優のせいかなと今思う。 他の感情たち、特にカナシミは愛着が湧いたから。 調べたら、ヨロコビの声優は竹内結子。・・・ああ、「タイタニック」の吹き替えの時、最悪だった。そのせいもあるのかもしれないかな。生者でも死者でも関係ない。いいものはいいし、悪いものは悪い。ただ、この映画の場合、声優を意識して見てなかったから断言はできないけど。キャラデザインがいまいちのせいかもしれないし。 ストーリーの終盤は少しダレたかもしれない。 冒頭に書いた混乱が深まってしまって。 カナシミの部分はとても良かったけど。 私が一番食いついたのは、ラストのラスト。 いろんな人物の心の中がちらちらと。 「おお~~~~!」と興味が湧いたところで映画は終わってしまった。 残念。 全体として見て、なかなか興味深い題材だったと思う。 感情たちを本体の顔にしたら混乱もなかったのかなという気もするけど。 本体の女の子はライリーだっけ?だったら「ヨロコビライリー」「カナシミライリー」「ビビリライリー」とかのキャラデザインにしたら、本体と感情たちとの一体感が出たのかも。

閲覧数1,285