レビュー一覧に戻る
ゲットバッカーズ

x29********

5.0

森田療法

世界中 なんとか恐怖症というのは いろいろあります。この映画は 森田療法という 精神療法と同じことをいろいろコミカルに 少しわかりやすく、説いているようです。主役の ティディ、レイモンドなる人は まことに神経症の人みたいです。目線の配り方や しぐさもよくできていたと思います。自身も人前はだめだし、強い光はだめ、目立ちたくない、いろいろあるようです。森田正馬 という人もやはり 神経症で 森田療法を確立しました。ピーナッツ恐怖症は初めてでしたが、人を殺したがる癖は 警官にはあってほしくないですね。っで そんなもんで 私も神経症でした。 現在も そんな癖は治りません・

閲覧数1,270