ここから本文です

ホーンズ 容疑者と告白の角 (2013)

HORNS

監督
アレクサンドル・アジャ
  • みたいムービー 51
  • みたログ 356

3.05 / 評価:281件

情報量が多いな

  • tesu さん
  • 2021年9月8日 8時16分
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

ダニエル・ラドクリフ君は、ハリーポッターの自分をどうにかして捨てたくてこの役を受けたのかしら…

と、思わざるを得ない、駄作ですな。

恋人が殺される
角が生える
角を見ると皆理性を失い本音を話す・行動する
犯人わかる
最後悪魔になって死ぬ

あのー、まずこの角が何なのか。
この角は呪いじゃなくて祝福で、犯人を見つけるために死んだ恋人が主人公イグに授けたもの、的な解釈になるのかと思いきや、
最後に親友だと思ってたサイコパス野郎の犯人リー(正直こいつは最初から怪しかった。もうこいつ以外犯人は考えられないし、違う結末を期待すらしていた)との戦いで、めっちゃ悪魔になる。
最初天使の羽っぽいのが生えてからそれが燃えてごっつい悪魔になるので、堕天を意味しているのかと思うが、悪魔になってるやん。
イグはただただ彼女の事を愛していただけなのに、犯人を見つける能力と引き換えに悪魔になったって事?
堕天するような事は何もしてないのに?

と、意味不明なストーリー展開。

他にも角を見て本音を言う人たちの描写が多く、そこを見せたいのか、犯人探しをしたいのか、わからない。
バーが燃える中イグが外に出てきたの笑ってしまったわ。
ミステリー、ファンタジー、コメディ、エロ、グロ、ラブストーリーと、
どこにも秀でたものがないのに、それらの要素を少しずつとりましたよー的な内容なので、作品としての印象が薄い。
どんな映画だったかと聞かれたら、何かよくわからん映画やったわと答えるしかない。

ダニエル・ラドクリフは相変わらず美しいお顔立ちで、大人の色気も感じましたが、映画としてはいかがなものでしょうか。

あ、蛇が苦手な人は見れません。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 不気味
  • 切ない
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ