ここから本文です

ラブ&ピース (2015)

監督
園子温
  • みたいムービー 303
  • みたログ 1,154

3.15 / 評価:1059件

これだけ振り切ってくれたことに深く感服

  • sol***** さん
  • 2020年6月19日 12時52分
  • 閲覧数 691
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

原作未読、事前情報は園監督作品ということのみ。


なぜかテレビ討論で非難され嘲られ、世間からも会社内でも嘲笑されまくる元ロックシンガーの長谷川博已、という状況からスタート。

ひょんなことから亀を飼い始め、友人はその亀のみだったのに、会社に連れて行ったことで皆にバカにされ、突発的に亀をトイレに流してしまう。

その亀が下水を通り辿り着いた先が「地下の仙人」西田敏行の捨てられたおもちゃとペット達が大勢住まうガレージ。
西田敏行が「夢をかなえる薬」を誤って亀に投与したことから、亀の願い「ご主人様(長谷川)が歌手としてビッグになる」が次々と実現し始める・・・というようなストーリー。

正直序盤は訳が分からず「なんなんだこれは??」とまごつくほかなかった。しかも、地下の〝おもちゃと動物たちが言葉を交わすファンタジーガレージ”に至っては、趣旨も何も把握できないので単なる大滑り映画の嫌な予感が募るだけだった。「園子温やってくれたか・・・」
※ただし地下セットは金がかかっているような印象を受けた。

ところが、亀による作曲作詞のインスピレーションテレパシーが長谷川に届きインプット。無理やり路上ライブに引きずりこまれた長谷川が即興でその歌を披露した場面には驚愕! 演技で客や音楽関係者が感動すると共に、こちらまで鳥肌が立つ説得力あり過ぎの歌詞と歌唱にリアルに度肝を抜かれてしまったよ!!

ここからのサクセスストーリーは陳腐と言えるかもしれないが、薬の副作用で巨大化した亀がウォーターフロントマンション住まいとなった長谷川宅へ上がり込み、次なる曲と詩のインスプレーションを授ける場面もまずまずの感動。でもそこで以前の憧れ女子だった麻生久美子を追い出したのは訳が分からなかったが、ついでに亀も姿を消してしまい、長谷川の未来が危ぶまれる事態に・・。

終盤の西田仙人による捨てられたおもちゃやペットの記憶消去、成長若年化・新品化した上での人間界への帰還処置。
そしてラスト「ガメラ化した巨大ガメの最後の曲と詩のプレゼント、そして星となっての上昇」というクライマックスに到って園監督メッセージが明確化。
その前にも反戦・反核メッセージは明らかだったが、それらをはるかに凌駕する大メッセージとは??? 実は俺もよく分かっていない(笑
言葉にするとこれまたえらく陳腐になりそうなので「園子温の形而上的大メッセージ映画はここに見事に完結した!」と述べて幕を引きたい。
いて座生まれは遠大な宗教的・形而上学的思想に傾倒しやすいとのことなのでね。

※都庁が大ガメにぶっ壊されるシーンには大笑いしてしまったが、設計者の故・丹下健三氏関係者もビックリされたかもしれない。



もうねこれほど振り切ってくれたら文句なんてありませんよ。
岡本太郎の芸術論「なんだこれはっ!?という驚きこそ芸術」がこれくらい相応しい作品も滅多にないと思われます。

キャストでは西田敏行さんの役回りは重要であると共に非常に難しい演技だったと推察されますが、振り返れば充実の存在感でした。

長谷川博已のクズ男からビッグシンガーへの成り上がりっぷりも説得力あったんじゃないでしょうか、背高いイケメンだしね。とはいっても歌は最初の路上ライブがベストだったけど。あれこそ魂の叫び!

麻生久美子さんはラブストーリーとしては消化不良という感じですが、ラストの匂わせから恋は成就するものと推察されます。お二人どうかお幸せに。笑 元に戻った子亀と共に・・・


追記:後だしじゃんけんだが

・大亀ピカドンに都庁舎が破壊されることに「日本における3度目のピカドン都市破壊」を象徴させた。

・愛亀に捧げるバラード歌詞のピカドンをラブ&ピースに置き換えたところに商業主義の欺瞞性を象徴させた。或いは「巨大な悪」と「愛と平和」は陰陽図のように裏表の関係にあることを表現したかった。

・西田仙人が地下の世界に不満を表し始めたペットやおもちゃをいわば初期化してクリスマスの時期を選び地上の人間界に戻そうとする際、「1年後にはどうせここに戻ってくるのに・・・」とクロネコ君が口にしたが、そこに人間の飽きっぽさ薄情性とともに、その人間にすがらなければ生存できないペットや「存在理由」を見いだせないおもちゃの虚しさを表現したかった。

・愛亀ピカドンを失い虚脱状態に陥った長谷川が足を向けた先はかつてのぼろアパート。そこで元の子亀に戻ったピカドンと歓喜の再会。そして以前の憧れ人麻生久美子もそのアパートに、の場面では・・・

ってやっぱり解釈しようとするとどうしても陳腐ありきたりになってしまうのでここらへんで止めにします。


長谷川博已は翌年2016にはシンゴジラを迎え撃つ陣頭指揮をとっていたので、こちらではガメラ化した愛亀ピカドンによる東京破壊の間接的関係者と真逆の役柄を演じていたわけだ。ハハ

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ