レビュー一覧に戻る
湿地

湿地

MYRIN/JAR CITY

93

aki********

4.0

北欧サイコミステリー、原作に忠実です。

ここ20年、北欧ミステリーが斯界を席巻しているが、作者のアーナルデュル・インドリダソンはアイスランドの代表格。 この原作、数年前に読んでいました。 所々、記憶が飛んでいたので、逆に新鮮味があってよかったです。 テーマは、単なる猟奇殺人ではなくて、レアな神経症の保菌者という新たな設定で、それなりに社会性があり新鮮味がありました。 たぶん、ハリウッドが作れば、もっと緩急、濃淡つけて観客を引き込むものになったと思います。が、本作は本作で、原作に忠実に作っており、その点は好感が持てました。 北欧とは、具体的にスウェーデン、フィンランド、ノルウェー、デンマークそして、アイスランド。人口は上から1000万、500万、500万、500万、30万程度の少なさ。高緯度地方特有の寒さ、暗さ、不毛の大地がミステリーの土台になります。 一度はまったらなかなか抜け出せない。 同作者の緑衣の女は、☆5級の傑作です。 以上

閲覧数591