ここから本文です

セバスチャン・サルガド/地球へのラブレター (2014)

THE SALT OF THE EARTH

監督
ヴィム・ヴェンダース
ジュリアーノ・リベイロ・サルガド
  • みたいムービー 63
  • みたログ 128

4.07 / 評価:91件

解説

『パリ、テキサス』などのドイツの巨匠ヴィム・ヴェンダース監督がメガホンを取り、高名な写真家セバスチャン・サルガドの足跡に迫るドキュメンタリー。彼の息子ジュリアーノ・リベイロ・サルガドとヴェンダース監督が、セバスチャンが2004年に開始したプロジェクト「Genesis」の魅力をひもといていく。ガラパゴス諸島やサハラ砂漠など120か国にも及ぶ場所で撮影を敢行。何かが訴え掛けてくるような写真に魂を揺さぶられる。

シネマトゥデイ (外部リンク)

あらすじ

30代で写真の世界に足を踏み入れたセバスチャン・サルガドは40年かけて世界中を回り、何年も費やしたプロジェクト作品を多数発表。写真家であると同時に環境問題にも取り組む彼は、2004年に地球上の最も美しい場所を探すプロジェクト「Genesis」を始める。そして遊牧民のシベリア横断や、熱気球から撮影した水牛の群れなどを写真に収めていく。

シネマトゥデイ (外部リンク)

本文はここま>
でです このページの先頭へ