ここから本文です

鏡の中の笑顔たち (2014)

監督
喜多一郎
  • みたいムービー 17
  • みたログ 37

3.36 / 評価:58件

何度も観て、感じとりたい「何か」がある

  • cha******** さん
  • 2015年6月9日 3時44分
  • 閲覧数 808
  • 役立ち度 4
    • 総合評価
    • ★★★★★

とても良いと思いました。

今時の映画は、作り込まれすぎて
観る側の感性にゆだねる部分が少ないように感じます。本作は、観る人が得たいものを
さりげなく提示する、ある意味掴みどころのない透明感につつまれています。

何かを感じとろう、という目で観たら、
幾重にもかさなるメッセージが隠れています。観る者を鏡に映した、二重構造といえるかもしれません。

正直なところ、私も何を自分が感じたのかまだ曖昧で、消化しきれてはいないです。
映画にしてはめずらしくほとんど泣きませんでしたし、強烈なインパクトがある訳ではありませんでした。

ただ、メッセージは限りなく深いものがあります。美容師だけでなく、人が孤独から救われる為には、なにが必要なのか?その答えをやさしい風合いの映像で示しています。

主役の白石隼也さんの演技も、
必要なことだけをさりげなく伝えていて
滋味があると感じました。
この役者さんでしか出来ない、
透明感のある演技だと思います。

さまざまな視点、角度から
(仕事、家族、愛情、友情、、その他)
その時々の自分に応じた
「何か」ヒントをくれると思います。

観る度に発見がありそうで、
繰り返し観たいと思いました。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 不思議
  • 知的
  • 切ない
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ