ここから本文です

天空の蜂 (2015)

監督
堤幸彦
  • みたいムービー 854
  • みたログ 5,686

3.42 / 評価:4547件

その者鉄の塊を浮かせ原発の上に落とすべし

  • ねじまき鳥 さん
  • 2021年4月18日 0時38分
  • 閲覧数 200
  • 役立ち度 4
    • 総合評価
    • ★★★★★

先に小説を読んでおりまして、確かにこれはよく映像化できたなぁと思う一作。
テロの規模の再現ももちろんですが、このテーマを投げかける、ということに思い切りを感じます。

震災を経て原発を描くことは万人に刺さるとも言えるし、やっぱりそのリスクを直視したくないとも言える。

そして、それがまたこの映画を貫くテーマにもなっていて、誰かが解決するどこかでおこっている大規模なテロ、が私たちの普段の行いとつながっていく後味の悪さといったら。
単なる国家テロサスペンスに留まらない深みが見事に描かれています。
東野圭吾はこれを随分前に書いていますが、世の中の出来事によって、昔の作品の受け止めの深さが一段と深まるというのはなかなかない体験です。

ぜひとも、過激なテロと一蹴せず、この過激さの根底に流れる、人の想いを感じてほしい。

さすがに2時間少々なのでいろんなことが駆け足ではありますが、ちゃんとサスペンスとして時間制限がある中での緊迫感が保たれていましたし、それぞれのルートで捜査の手が迫る面白さもありました。

江口洋介と本木雅弘のダブル主演とはなっていますが、安定な江口洋介に比べると本木雅弘の演技は圧巻で全てを持って行った感があります。

壊す者。守る者。翻弄される者。

それぞれのドラマを。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • パニック
  • 勇敢
  • 知的
  • 絶望的
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ