レビュー一覧に戻る
ロマンス
2015年8月29日公開無料配信

ロマンス

972015年8月29日公開

あんバターさんど

3.0

今まで観た中で一番の大島優子だ!女優だぁ

今週末公開かと思ってたら、先週末からだったか! 別に大島優子が出てるから観たいとかじゃなく、むしろ大倉孝二が出てるから観たいの方が大きいかな。 もちろんまだ主演を張ることのない大島優子(だよね?)との大倉のちょっと通好みっぽい2人がメインというのが面白そうだ。 タイトルの「ロマンス」=特急ロマンスカーで大島優子演じる鉢子が車内販売の仕事をしているからってこと? まぁ、ロマンスカーと言われても分からないけど、旅情を感じる電車だよね。車内販売も旅情を高めてくれる。 冒頭の大島優子の車内販売っぷりが見事だった。 あまり電車には乗らないけど、あぁ~~こんなだった気がするなぁ~~と、そのセリフや所作に見惚れてしまった。よく勉強したんだろうなぁ。 そんなダメな同僚との関係とかの車内販売の模様、万引き騒動など、映画の焦点とは違うんだけど、序盤はそれはそれで楽しかったな。 いい加減さ全開の大倉演じる“おっさん”がイラつくんだぁ~! こんな最悪な出会いをした2人が、どうして車内販売の仕事を放ってまで、2人で行動を共にするようになるのか、すごく気になっていた。 なるほど、“おっさん”は強引だが、映画としては自然だな。 たぶん素の2人にも通じてるような、いい加減&胡散臭い“おっさん”と冷製で気が強い鉢子の掛け合いは、じわじわとツボにくるようだ。 相性ピッタリの名コンビにも見えてくるもんね。 それは終盤で本当にしみじみ感じ、かけがえのない出会いなのに、これで終わっちゃうのかぁ~と淋しさを感じたほどだ。 自殺の可能性がある鉢子の母親を探し、箱根をウロウロするんだけど、本気で母親を探していたのは、最初だけだったんだろうな。 2人とも抱えた心のモヤモヤを、この無意味にしか見えない旅が洗い流してくれそうで・・・鉢子が弱音を吐露すれば、甘えるように今度は“おっさん”が吐露する。 いつしか自分を見つめ直す2人の旅になるんだなぁ。 旅の思い出と重ねるように映される鉢子の過去が少し痛々しく、まだ見つからない母親に怒りすら覚えた。 一体、今はどうなってるのか?死にたくなるくらい落ちぶれていた方がスッキリするのか? それでも、2人の旅自体は、目的を感じさせず、特に何も起こらず、ユル~~く描かれる。 そのユルさが、なんとなくいろんなことがジワジワと沁み込ませてくれる。 大島優子、すごくヨカッタよ。 主演ってのもあってか、今までで観た中で、一番女優だった。 これからも期待させるな。 もちろん大倉孝二は最高だね。ああいう空気は、彼にしか出せないよなぁ~ ノッポとチビというバランスもいいしね。 2人があれからどうなったか気になるな。 鉢子のそれはちょっと嫌だったけど、あの笑顔で、まっいっか!ってなった。 あぁ~~、旅行して~~

閲覧数983