2015年11月21日公開

ガールズ&パンツァー 劇場版

GIRLS und PANZER der FILIM

1202015年11月21日公開
ガールズ&パンツァー 劇場版
4.6

/ 5,737

81%
7%
3%
1%
7%
作品情報上映スケジュールレビュー

作品レビュー(689件)


  • rsn********

    1.0

    好きな人だけ見れば良い

    ここまで評価の分かれる作品もそう多くないのでそれだけでもすごいと思います。 冷静に考えて女子高生と戦車の組み合わせという時点で普通のアニメや映画好きが見る映画ではありません。 ただ、この映画評価が高すぎることで、もしかしたら面白いのかもと勘違いして観てしまう人の事を鑑みてバランスを取るために低い評価にさせていただきました。 自分は戦車や飛行機やクルマ、バイクなどの機械類が大好きで、それと同じくらいアニメも大好きです。その立場で言ってもこの映画の正当な評価は星三つだと思います。 戦車や戦法マニアの方々のオタク視点の高評価はわかります。 これ作ってるやつわかってんな、的なね。自分もそうですから。 ただこの一つの映画として観た場合、そのマニア、オタク的な点を差っ引いてしまうと然程特化した面白みがない。 そのマニアックなところがこれの面白さだろ!と言われればその通り。 だからそういう人が見れば良いのです。 間違ってもただのアニメ好き、映画好きは観てはいけません! いや、まあ、別に観てもいいんだけど、期待はしないほうがいいよ。

  • xvi********

    5.0

    あえて付け加えるなら

    もうさんざん語られたんだろうから、もしかしてないかもという視点から一つだけ。 何枚か、とても優れた静止画が出てくる。 映画は映画館で高い金を払わせて見せるのだから、それなりの価値を与えるべきだ。それはとかく派手さに向かいやすいし、この作品もそうとうに派手なのだが、派手でなくても「映画館でこそ」という場面がある。それがところどころ出てくる止め絵の素晴らしさだ。 とくに、夕暮れの校庭で河嶋がリヤカーをひくシーンは素晴らしい。この絵だけで100円払う価値はある。 ほんとに、いろんな意味の娯楽性を真摯に追い求めた作品だと思う。よくこの期待の中でこれだけのものをつくった。

  • 島袋なおみ

    5.0

    ネタバレリアルも巻き込んで地域貢献!

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • shu********

    5.0

    流石のひとこと

    完成度高い。スリリングな展開、マニア受けする完璧な作画。

  • 宮崎是彰

    5.0

    ファンの為の作品です。

    まずとても面白く、荒唐無稽さとリアリティーと迫力がある映画です。 楽しめます。少々話がだれてきたところもありますが、戦車の戦闘がその不満を吹き飛ばしてくれました。いきなり新キャラ祭りで戸惑ったところもありましたが、見せ場と戦車の動かし方は流石です。 しかし、基本的にファンのサービスの為の作品だと思います。この世界観に引き込むにはこれ単独では厳しいと感じました。やはりテレビシリーズをみてから見るべきだと思います。

  • ga2********

    5.0

    映画館で見るべき

    見終わった後の満足感100億万点。 最高だった…。 やっぱりガルパンのスゴイ所は音。 なので戦車の音、爆音轟音振動が感じられる映画館で見るべきです。 見るなら上映中の今しかない!

  • j_p********

    5.0

    ネタバレ定期的に4DXで上映してほしい。

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • kei

    5.0

    これぞエンターテイメント

    今更過ぎるのですが、レビュー。 ーー物語ーー かなり強引で、シナリオに精密さやテーマ性を期待してはいけません。独特な世界観設定と、大味なストーリーを受け入れられるかどうかで評価が大きく分かれるかと思います。 ただし、センスのいいセリフや、印象に残るシーンは非常に多く、テンポと娯楽性を優先した結果でしょう。全体の印象としてはおおざっぱですが、細部はむしろ執拗なまでに作りこまれています。 特に後半、策略と機転で敵を撃破していくシーンは爽快。 残酷描写は皆無で、あくまでスポーツとして戦車戦(というより戦車道)が描かれるため、気軽に観れるのも◎ また、過去の名作映画へのオマージュやパロディが豊富に散りばめられているので、そういうのが好きな人にはたまらないでしょう。 ーー配役ーー 声優に関しては脇役に至るまで全てのキャラクターがぴったりハマっています。 演技も十分で文句なし。配役と言っていいのか、戦車の使いどころも面白いです。弱そうな(事実性能では劣っている)戦車でも大活躍します。 私はあまり戦車は詳しくないのですが、気が付いたら女の子より戦車に目を奪われていました。 ーー演出ーー 度肝を抜かれました。凄まじいです。 映像と音楽、そして迫力の音響のつるべ打ち。瞬きをする暇すら与えられません。緻密に調整されていながら、しかし決して難解になることなく無く仕上がっています。 日本の、それもアニメがこのレベルを作ってしまうということに、ただただ驚嘆するばかり。 今となっては公開中の映画館は立川のシネマシティたけになってしまいましたが、自宅で視聴される方は音響的にオイシイシーンがテンコ盛りの作品なので是非サラウンドで聴いてみてほしいです。 私はこの作品の為に自宅のシステムをほぼ丸ごと入れ替えました(センターレス5.0ch→7.2.4ch→センターレス6.2.4ch。ただし、5.1chマスターの作品なので、無理にスピーカーを増やすよりかは4.1chくらいに収めても良い気がします)。 ドルビーアトモスやdtsXと言った次世代規格も素晴らしいんですが、これは洋画邦画を問わず、5.1CHにおける頂点の一つかも。残虐なシーンが一切ないのもGOOD。一度ハマると抜け出せなくなります。 ーー映像ーー 戦車のCGはアニメ調ですが、細部までこだわりぬいて再現されています。 またアクションの作画も、実写映画では絶対に不可能な動き方をしています。 でもその嘘やハッタリが気持ちよく決まっているのも素晴らしいところ。 これはガールズ&パンツァーという無茶が出来る世界観ならばこそですね。 また、背景のフォーカスはやや甘い所も見受けられるものの、人物の作画(と戦車のCG)はデジタル時代らしくシャープかつクリア。 TVシリーズの720pと比べてもディテールの差は歴然。 深夜アニメの劇場版で出来るクオリティとしては最高の水準だと思います。 ーー音楽ーー 曲単体の質も高いのですが、使いどころが非常に上手いです。 特にフィンランド民謡を激しい戦闘シーンに使っていたのは驚き。 ライバルのテーマ曲がキッズアニメ調全開の「ボコのテーマ」のアレンジなのに、余りにも強者の風格に満ちているのも笑いどころ。 その他全てにおいて演奏も音質も極めてハイレベル。 すばらしいです。 マーチ系の曲が嫌いだったはずなのに、いつのまにやらサントラをループ。そして気が付けばTVシリーズのサントラやテーマソングまで集める始末。 ラストのchouchoさんが唄う「piece of youth」もフレッシュかつ前向きでステキ。 ーー総評ーー ガルパンはいいぞ。

  • ryo********

    5.0

    紛れもない大傑作。

    120分中90分ぐらいが戦闘シーン、 「ヒャッホォォォウ!最高だぜぇぇぇぇ!」 鑑賞後、「マッドマックス怒りのデス・ロード」に似た疲労で放心。これ、人生の10本指に入れていいですか。 90分は体感なので実際は知らないです。「恋と体感はあらゆることが正当化される」から、だいたいでいいのだ。 先日TVシリーズ12話+OVA作品1本観てガルパンデビュー。大いに気に入ってしまい、2周してから、新たに大洗女子学園に降り掛かる試練を描く完全新作としての劇場版、ようやく鑑賞しました。華道、茶道、香道と並んで乙女の嗜みとされる戦車道の本気を。 あるミリタリーマニアが言う。 「古今東西、戦争映画全部観てきたがこれに勝る戦車アクションは無いと断言する」と。 本当だった。 あるガルパンおじさんが言う。 「4DX好きじゃないけど20回観に行った」と。 めちゃ分かる。分かるぞ!同じく4DX好きじゃないけどこれは当時4DXで観ておくべきだった! のっけから凄い!ただのエキジビションマッチなのにえげつないぞ!繰り返された肴屋本店の悲劇!いや、喜劇! そうなんだ。ガルパンの面白さって、 ・ストーリーは至ってシンプルな王道展開 ・説明くさいセリフが皆無 ・こだわるとこはこだわりまくる ・誰も真似できない、真似しようとすらしない戦闘アクション ・勇壮な音楽 ・群に埋没しない全キャラクター ほかにもいっぱい書きたいけど、笑える悲劇としてのガルパン、泣ける喜劇としてのガルパンっていうバランスの良さもありますよねえ。 不謹慎なことを言うつもりはないですが、劇中で試合の舞台となる場所のいくつかは悲しさを感じずにいられない廃墟や無人の学校や街、主も客もいない遊園地。そこで爆笑を呼ぶやり取りやアクションが繰り広げられる。 また、JKが戦車乗ってるって時点でそもそも喜劇でしかないのだけど、特に劇場版においてJKたちは大人たちの勝手な都合で振り回されてしまう、だけど生徒会長が大人たちと立ち回る姿に泣かされてしまうし、学校を失って打ちひしがれていた風紀委員長に起きた変化にも泣いてしまう。 TVシリーズに続いて、全キャラクターが生きていて、ストーリーらしいストーリーがないのに、キャラクターの一挙手一投足それ自体がストーリーになっている。言い方を変えれば、キャラクターがストーリーを背負いながら戦っているとも言える。いや、道を生きている。 てかここまで書いたことは戯れ言だ! 「戦車なんてバーっと動かしてダーッと操作してドーンと撃てばいいんだから」、後半の大学選抜チーム戦では、驚愕のカメラワークに酔いしれて、観覧車の大活躍は瞬き禁止で、ちぎれてぶっ飛ぶ空中ブランコとロケット弾まじロケット弾を避けながら、セリフを排除したクライマックスまで駆けぬけたら勝ち!

  • ルー

    2.0

    戦車マニアならもっと楽しいのかな

    そんなキャピキャピした感じでもないんですね。戦闘シーンはスピーディーで迫力あって何より音がいい。爆発なんかもちゃんとしてて。わからないんですが戦車の描き方とか結構リアルなんですけど、マニア的にはどうなんですかね。あと仕方ない事ですけど戦車なので戦闘シーンはスピード感に欠ける。そこは残念。

  • pol********

    1.0

    リバウンド上映で見ました

    爆音がうるさい映画です。それらが好きな人にはオススメします

  • pol********

    1.0

    テレビアニメの頂点

    非常に中毒性が高く三回鑑賞した アニメらしからぬ本格的な砲撃・着弾音の連続で否が応にも盛り上がる 相対的に挙動はあり得ない箇所も多々見受けられるが音響とのギャップがそれはそれで面白く これが最も映像栄えする絶妙なバランスの演出なのだと理解できる 一部ガルパンおじさん等揶揄する声も聞かれるが、この作品はむしろ現代の量産される美少女アニメ・テレビゲームに食傷気味の若者こそ見るべき作品だ シナリオも近代に見受けられる無駄に複雑化する深夜アニメたちへ「本当の娯楽・面白さとはなにか?」 その警鐘を鳴らすかの如く熱い王道ストーリーが展開する。これぞ本物なのである 幼き頃抱いていた憧れがここには詰まっていて何度も足を運び見れば見る程に魅了されていく 最低でも劇場で三回は鑑賞するべき作品。きっと戦車が好きになる。ガルパンはいいぞ

  • 岡島治夫

    5.0

    4DXもおすすめ

    30対30の戦車戦がすげー迫力あった カールは今後使用禁止になりそう

  • bat********

    5.0

    ネタバレ超楽しかったパンツァーフォーって感じ!

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • jao********

    5.0

    これはおもしろい!

    これはおもしろいです。凝ってますね。マニアにはたまりません。息つく暇なく一気に見ました。最高です。

  • kin********

    5.0

    ネタバレガルパンはいいぞ

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • 浜田長門

    5.0

    劇場版

    最高に良かった 是非映画館で見るべき作品

  • 沖野太郎

    5.0

    面白かった

    リバウンド上映していたので見てた 面白かった

  • 大間次郎

    5.0

    再上映

    戦車の動きが素晴らしかった もう一度見に行きたい

  • 沖野ことり

    5.0

    みてきました

    傑作だと思う 戦車の動きが凄い 30両もの戦車を動かすのは大変だったと思う

1 ページ/35 ページ中