ここから本文です

ブラックハット (2015)

BLACKHAT

監督
マイケル・マン
  • みたいムービー 51
  • みたログ 388

2.67 / 評価:281件

オールマイティじゃない人間版ソー

  • mum******** さん
  • 2021年4月17日 21時23分
  • 閲覧数 135
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

今回のクリス・ヘムズワースは天才ハッカーだが、服役中の囚人。
正体不明の敵が原発を攻撃し、機能停止させ世界を不安に陥れました。
その敵は世界的テロリストでしたが その原発への攻撃はシステムのハッキングから発生させたと分かります。
敵を倒すか捕まえる為に、米中が協力するのですが それには凄腕のハッカーが必要でした。
中国側の捜査官は、クリスの旧友で 彼以外の適任者は居ないと提言します。
何故ならそのハッキングプログラムは、以前クリスが作った物を改良した物で、彼以上にその対策を出来る人物は思い浮かばなかったからです。
クリスは敵を倒すか捕まえたら減刑、失敗したら再服役と言う条件で捜査に協力する事にします。
あと1人、この捜査に参加する一般人のプログラムのスペシャリストがいました。
彼女は、中国側の捜査官の妹で 以前からクリスの事を兄からずっと聞いていて 憧れを抱いてました。
クリスは、罪人として服役中ですが、彼自身はキチンとした信念を持って、普通の人には手を出さず
クリス自身が悪人とみなす人にしか危害を加えません。
とっても人道的な性格でした。
二人は自然と恋仲になります。
それと、最初はクリスを罪人扱いして単なる道具としか見てなかった今回の責任者である米側の女性捜査官も
段々とクリスの人柄を認め始めますが、ある事でクリスがまた追われる立場になった事で悩むことになります。
中国側の捜査官も、クリスがまたそういう立場になった事で 妹と離れてくれる様に願います。
クリスも愛してるが故に離れる事にしますが
そこにテロリストが総出で襲って来て、クリスと
恋人以外が全員殺されています。
我を無くす恋人ですが、今は生き延びて仇を討つことを考えようと言うクリスに同意し、固く復讐を誓う二人。
敵は遠き国にいました。
そして、その場所を確認し 敵の目的が政治思想ではなく 単なる金欲であった事がわかり
彼等が盗んだ大金の在処も突き止め、そっくりそのまま奪い
敵のボスと交渉まで持ち込みます。
武器も人数も相当不利でしたが何とか、敵を壊滅させます。
しかし、ハッピーエンドには到底ならず、奪った金で 隠れ忍んで生活する日々…
内容が内容なので 次回作とかは無理でしょうね。
良くある最後の伏線映像とかはありませんでした。
今回の映画は、思想が如何に優れていようと法の前では罪人は罪人。
しかし、人間はそれだけでは抑えきれない価値基準を持っている事など 伝えてくれます。
最後に仇をうち、世界も原発爆破の恐怖から解放されますが クリスは指名手配犯のままで逃げ隠れながら生活してるラストが描かれている事から
『物事全てが正当に評価されない社会の理不尽さ』などもテーマとして表現されたんでしょう。
映画としては、途中まで丁寧にストーリーを描こうとした姿勢が見えるのですが段々と雑になり
後半に入るとパーティが全滅、武器のないクリスと恋人二人vs武器ありモブ多数&戦闘のプロのパワーバランス…
まず有り得ない状況なのに押し通してしまい
制作費がなくなった?とまで思う始末。
ストーリーも壮大に仕上げようとしてますが、穴だらけでした。
例えば、最後にテロリストがダム?破壊して錫の供給を一時的に減退させ 価格を釣り上げようとしてますが
あの金で 全てが上手く行くとは思えず、他に価値を見出した投資家が更に高い金で購入したらどうなるの?みたいな感じです。
そもそもクリスは天才ハッカーなのに、格闘技も拳銃のスキルもあるなんて…
悪い映画ではありませんでしたが クリスが果たして必要なキャストだったのか?悩む映画でした。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 勇敢
  • 知的
  • かっこいい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ