レビュー一覧に戻る
おかあさんの木
2015年6月6日公開

おかあさんの木

1152015年6月6日公開

jun********

1.0

悪意を感じました

戦争はよくない、それはもちろんですし、戦争を肯定する気はありません。 だけど、日本だけが悪かった、というような自虐史観に違和感があります。 非国民は殺される?猫まで供出?本当のことですか? 日本をきらいな人たちがつくったのだろうなあと思いました。 戦争の悲惨さを伝える、というのとは違った明らかな悪意、日本への憎悪のようなものを感じます。 田舎の風景や鈴木京香さんの演技、感動で涙する場面もありました。 だけど、すべてを台無しにするくらいの悪意に興ざめしました。 反戦映画の顔をした反日映画。 九条を守らなければこうして息子もペットも取られて殺されるんですよ、とでも洗脳したいのでしょうか。

閲覧数2,904