レビュー一覧に戻る
おかあさんの木
2015年6月6日公開

おかあさんの木

1152015年6月6日公開

aki********

4.0

まさに教科書のような反戦映画

派手な戦闘シーンもなく、ただ息子を待ち続ける母親の姿が描かれているので全体的に地味ではあるけれど、その分演出がなぜかホラーテイストなので見終わった後若干どんよりします。 特に意外性のない物語ではありますが、戦場での話よりも残された人々がどのような感情であったかなどが色濃く描かれているため、他の戦争映画に比べると異なる視点から楽しめます。 なんといってもこの作品の一番の魅力は、鈴木京香さんの演技でしょう。 特に後半の戦場に駆り出される息子を見送るシーンは圧巻で、戦争の悲惨さが直球に伝わってきます。 教科書に載っていた作品でもあるので、お子さんに戦争教育の一環として見せるにはもってこいの作品だと思います。

閲覧数1,551