レビュー一覧に戻る
おかあさんの木
2015年6月6日公開

おかあさんの木

1152015年6月6日公開

kai********

2.0

ライトな反戦映画

登場人物が次々と亡くなったりはするものの、泥臭い部分が排除された、綺麗な戦争映画といった印象。 泣かせてやろう、という作り手の意識が伝わるのと、内容が薄っぺらくて感情移入しにくい。あと五郎が元気で明るいので、良くも悪くも彼が出てくると暗い雰囲気にはならない。 あまり重くなりすぎないので、子どもに戦争の歴史を教えるのには適しているかもしれない。

閲覧数1,589