レビュー一覧に戻る
おかあさんの木
2015年6月6日公開

おかあさんの木

1152015年6月6日公開

fg9********

3.0

ネタバレ愛国の母?なんじゃい、それは??

…あらすじは、横着をして、解説の次のとおり。  『昭和初期、長野県の田舎の村。  7人の息子を生んだミツ(鈴木京香)だったが、若くして夫・謙次郎(平岳大)が心臓発作により他界。  息子たちは立派に成長するも次々と出征し、ミツはそのたびに畑に桐の木を植えていた。  謙次郎の同僚だった昌平(田辺誠一)やその娘・サユリ(志田未来)らに気遣われながら、ミツは木に語り掛け、息子の帰りを待っていた。』  でも、一人、二人と息子たちの戦死の報せが届き、慟哭するミツだったが、世間は「愛国の母」と担ぎ上げ、婦人雑誌の表紙を飾ったりもするのだった。  最初のうちは、「お国のために頑張れ!」と激励して送り出していたミツだったが、腹を痛めて産んだ愛しい我が子の遺骨さえも拝めずに散った無念さに、五郎に召集がかかった時には、「手柄なんか立てんでもイイ、きっと生きて帰ってこい!」と母親の本音を吐露してしまうのだった。  また、機関車に乗って五郎を送り出す際、村民が挙って必勝祈願の旗を打ち振るう中、ミツは五郎に縋り付いて引き止める騒ぎを起こしてしまったので、非国民として憲兵隊に逮捕・拘束されてしまうのだった。  「愛国の母」が一転して「非国民」と罵られるのだ。  そうして、7人の息子たちの全員を無残にも戦争に奪われ、悲しみに打ちひしがれて暮らす日々が続き、広島・長崎の原爆投下によって日本の敗戦は決するが、五郎の安否だけが分からず仕舞いなのだった。  で、満身創痍で帰還を果たした五郎の見たものは……故郷の兄弟たちの現身のような桐の木々の傍らで息絶えているミツの哀れな姿なのだった……といったストーリーだ。  「愛国の母?軍神の母?なんじゃい、それは??兵隊になって死なすために、7人もの子供を産んだ訳じゃないんじゃい!!」と、世のおかあさん方を代弁して叫びたくなった。  そんなおかあさんを鈴木京香が気丈に、かつ儚くも切なく演じていて好感が持てたが、ただ色白で肌が奇麗過ぎるので、7人もの子供を産んだ百姓女には見えないのが、ちょっとリアル感に欠けたかな。  また、息子たちの戦死も紙っぺら一枚で知らされるだけなので、彼らの無残な死に様を少しでも織り交ぜてくれた方がインパクトがあったかな。  それでも、戦争の愚かさは十分に伝わり、随所で目頭が熱くなり、非常に見応えありの3.4点といったところかな。  チョイ役だったが、大杉蓮の登場は懐かしい限りだったな。  (メモ 総レビュー数:3798件、2020年度331作品目)

閲覧数672