レビュー一覧に戻る
おかあさんの木
2015年6月6日公開

おかあさんの木

1152015年6月6日公開

たーちゃん

2.0

ネタバレ譽乃家

戦争中の日本国民は神州不滅といって神の国日本は絶句に負けることはないと信じられていました。 召集令状をもらいお国のために亡くなると、その家は英霊を出したということで譽乃家と呼ばれてとても名誉なことであったそうです。 母の田村ミツ(鈴木京香)には男の子ばかり七人の子供がいます。姉には子供が出来ないので、一人は養子に出してあげたりもしました。戦争が勃発し、次々に徴兵され、次々と戦死していきます。亡くなったといって骨壷が戻ってきますが、その中には骨では無く名前の書いてある紙か現地の土しか入っていなかったそうです。 ミツは愛国の母、軍の母として婦人雑誌の取材を受けるなどされます。ですが嬉しくありません。そんな時また息子の五郎に赤紙が来て徴兵されてしまいます。 五郎の出征の時に、行かせまいと足にすがるミツ。非国民として憲兵がミツを足で踏みつけ、引きはなそうとするシーンがあります。スローモーションで蹴られ、髪をつかまれて引きはなされるシーンがありますが、涙なくしては見られません。 捕まったミツを救ったのはいつも赤紙を持ってくる役場の兵治係の鈴木でした。赤紙配達人なため、彼が来ると次は誰の番なのかと死神のように不気味な存在でした。 この時にはミツの事を5人も自分の子供を戦争に送り出した愛国の母であり、その中の3人は天皇陛下のために3人の命を捧げました。今回の事は余程思い余っての行動だったのでしょうと助けてもらいました。 ストーリー的にそれぞれの息子の出征の度に桐の木を植える母と息子たちの戦死が描かれてはいるのですが、何だかエピソードの羅列で伏線らしいところの回収が出来てなくて、バラバラの印象でした。 結果五郎だけが生き残り、内地に戻ってきた時にはミツは亡くなったあとでした。 五郎の妻だったのが始めのシーンで出てきたさゆり(奈良岡朋子)で、その部分の伏線の回収は出来ています。おかあさんの木という木の伐採に反対している理由が明らかになります。 ですが、あまり悲しくならないのはなぜでしょう? 五郎が帰ってきて、倒れてすでに亡くなっている母と再会するシーンはドラマチックには描かれていますが、ここは逆に嘘くさく見えてしまいました。 構成ミスだと思います。

閲覧数462