ここから本文です

デジモンアドベンチャー tri. 第1章「再会」 (2015)

DIGIMON ADVENTURE tri.

監督
元永慶太郎
  • みたいムービー 36
  • みたログ 461

3.12 / 評価:433件

「失望」「もう観ない」「低予算」

  • bjg******** さん
  • 2015年12月15日 0時14分
  • 役立ち度 12
    • 総合評価
    • ★★★★★

自分が墓の中にまで持っていきたいアニメと言えば、「デジモンアドベンチャー(無印)」「エウレカセブン」「とらドラ」です。
テレビ放送から15年。主人公たちが成長して高校生になり、デジモンたちは当時のそのままで(声も)、という胸踊るような作品です。
事前に公開された画像や動画では、今までの作風とは大きく違って、作画の違いに少し戸惑いつつも作品には期待していたけれど…。

★5中であれば、★1.4くらいの印象で、残念の一言しかないです。

全部で6作の連作らしいけれど、次回以降は劇場スクリーンで1,800円を払って観ようとは到底思えない。久々に途中で帰りたくなる映画でした。愛着があって、期待していた分悲しいです。

●良かった点は、唯一昔のまんまのデジモンに会えること!だけ。
あと、OP・進化バンクBGM・EDなどの音楽も懐かしくてよかった。

●オープニング~序盤2.3分はよかった。
02キャラのシルエットで伏線をにおわせる演出は胸躍ったけれど…。

●一番残念な点が、作画や動画。
今どきのニチアサアニメでもここまでクオリティは低くない。
作画は仕方ないにしても、動画の質はひどい。遠近法も見るに堪えられない。クワガーモンも大きくなったり小さくなったり…。
キービジュアルに力入れているのに、この落差に戸惑います。

●進化バンクがつまらない!ここを一番ワクワクするシーンで期待していたのに…。特に、アグモンとガブモンは完全体や究極体をへて、オメガモンに進化するけれど、その進化過程があまりにも雑すぎる。
(画面が切り替わったらすでに進化後、の繰り返しというひどい仕様…。タグがないのに、どうやって進化したのか?オメガモンになれるのであれば、最初からなれよ、と大人げなく思っていました)

●ゲートが閉じたはずの、過去のデジモンたちが現代に出てくるのが唐突すぎる。副題が「再会」のはずが、アグモンが意味不明にポッと出てきて、久しぶり!というのは、感動もへったくれもない。

●キャラクターに関して、太一の成長・葛藤が本作のメインテーマだと思うけれど、ここまで葛藤されても…今までの太一像とは大きくかけ離れていて、全然別キャラにしか見えず、話に没頭しにくい。
あと、光史郎がひどい…。「お茶」のシーンでファンに懐古してもらおう、という意図は見えるが、興ざめする。あまりにチープな演出。
また、狙ったようなホモ演出が気色悪い。

「ぼくらのウォーゲーム」のような過度な期待は絶対にしないように。
これだったら、OVAや、ニコニコ動画配信とかでも良かったと思う。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 楽しい
  • 勇敢
  • かっこいい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ