ここから本文です

虐殺器官 (2017)

GENOCIDAL ORGAN

監督
村瀬修功
  • みたいムービー 230
  • みたログ 984

3.60 / 評価:821件

できれば原作から

  • yan***** さん
  • 2017年2月12日 9時44分
  • 閲覧数 1112
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

映画としては良く出来ていた印象でした。
戦争のなくならない時代、戦場のない国に生きている重さを感じるには充分でした。
スクリーンで観る価値もあると思います。
しかし、後で内容を噛みしめる毎に、やはり原作の凄みが思い起こされました。
「虐殺器官」とは何なのか、その意味する所は、小説を、その文字を一字一字追いながら、言葉と向き合う事で、自分の地肉としていく事で真に理解し、戦慄すべきかと思いました。
映像化されない、あるいはできない、活字の力を改めて感じたという意味では、映画を観て良かったと思えました。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ