ここから本文です

奇跡のひと マリーとマルグリット (2014)

MARIE HEURTIN/MARIE'S STORY

監督
ジャン=ピエール・アメリス
  • みたいムービー 72
  • みたログ 194

3.96 / 評価:162件

生きる力

  • kok******** さん
  • 2018年12月21日 8時32分
  • 閲覧数 84
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

フランス映画。

マリー役のアリアナ・リヴォワール……すごいっす、マジで半端ない演技。
実際耳が不自由な子なんだとか?調べてもこの映画以外出演していない?

有名すぎるくらい有名な三重苦を持つ少女のお話、子どもの頃の伝記漫画で読んだ覚えがあるんだけど、漫画家名が思い出せない。

この映画、とにかく映像が綺麗、養護施設内と庭で話が完結してるんだけど、花や緑が美しい…。

マルグリットが「毎日が戦闘じゃい!!!」という激しさでマリーに日常生活の常識を教え込むんだけど、一度「学ぶこと」の楽しさを覚えたマリーの成長がすごい。多分この映画は、マリーとマグリットの奮闘記、というより、肺病を患い死んでいくマグリットの葛藤と、彼女との別れという最大の悲しみを乗り越え、自分なりに「生きているということの素晴らしさ」に変えていくマリーの心の成長を描きたかったみたいです。

だから、思っていたよりも早く(実際は長い時間がかかっているけど)マリーは従順になっていく印象が強く、そういう激しい描写を求めると肩透かしをくらうかも。本当に内容は重いのに静かに淡々と時が流れていく…いかにもフランス映画って感じで心地よい。

そして、こんなに良い映画なのに涙が出なかった。涙より、元気が出る映画かもしれない、寝る前に観たら生きる力が漲ってきてしまい困ったw

マグリットって自分の持ってるイメージではもっと怖モテの修道女なんだけど、役者さんが優しげだからかな…どの女優さんを器用するかって重要。あと、フランス語はいいね、なんか落ち着く。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ