レビュー一覧に戻る
カニを喰べる。
2015年3月21日公開

カニを喰べる。

842015年3月21日公開

00

3.0

非「リアリズムの宿」

定職にもつけず、ぶらぶらしている青年2人組のロード&バディムービー。 フリーターの青島が、ふとしたことから、中学の野球部の友達だった田宮を誘い、富山にいる先輩の長谷川の所へカニを食べにでかける、といった内容。 山下敦弘監督の名作「リアリズムの宿」に影響を受けたかどうかはわかりませんが、設定がけっこう似ています。 で、本作の方は、ちょっと展開が無理無理で、今ひとつのめり込めませんでした。 (1)肝心の青島と田宮の出会い方。しばらく疎遠だった二人が、携帯をかけながらほどなくその場で出会う。 (2)マドンナ役の町知子の登場シーン。廃校の体育館で目覚めたら、隣に町知子が眠っていた。「ゆうべ飲み屋で~」とのセリフがありますが説明はそれっきり。 (3)田舎の道端にいる謎の霊媒師婆さんの登場。さすがにこれはキツかった。 などなど。 モラトリアム感満載の男二人の刹那的な生き方や、かたや、サラリーマンとなった大滝との会話など、うんうんと納得できる部分も多々ありましたが、ロードムービー的な展開ならば、「もうひとひねり」あってもよかったかと思います。 主演をつとめた3人の方たちは、それぞれに爽やかな演技でとっても好感がもてました。

閲覧数452