ここから本文です

ピース オブ ケイク (2015)

監督
田口トモロヲ
  • みたいムービー 774
  • みたログ 3,864

3.26 / 評価:2963件

その時、風が吹いた

  • 出木杉のびた さん
  • 2015年9月21日 21時06分
  • 閲覧数 4156
  • 役立ち度 25
    • 総合評価
    • ★★★★★

植物を育てられない女、梅宮志乃(多部未華子)。ただ何となく成り行きで恋をして、流されるように生きてきた。心機一転、引っ越したアパートは風通しが良くない。そんな不満を抱いた時、隣の部屋から現れて、腹に一物もなさそうに笑う男、菅原京志郎(綾野剛)。今度こそ慎重に恋を育てていきたいという気持ちがある。クワズイモというでかい葉っぱの植物が、枯らしたくない恋の象徴として印象的。

複数の男優との濃厚なキスシーン、下着姿、浴衣の脚見せ、入浴、全裸に見えるポーズなど、多部未華子の熱演が光る。酔っ払った時の本音全開振り、男風呂突入シークエンスの周囲の見えない一直線振りもお見事。時折見せる、きつい視線の表情も含めてキュートだ。正統派の美人タイプとは言えない彼女の、不思議な魅力が詰め込まれている。

控えめなヒゲを生やして、ヒゲ店と渾名される店長役の綾野剛は、優しさとダメさが共存している男役を好演。人の良さそうな笑い顔が何とも言えない味がある。二人の女性の間で揺れ動く男心が秘密を作り、優しさ故の優柔不断が、志乃を傷つけてしまう。

志乃の友人に天ちゃん(松坂桃李)とナオコ(木村文乃)。松坂を恋の相手ではなく、オカマの友だちという設定にしたところにキャスティングの妙あり。木村は第三者として、客観的に志乃の恋愛を見つめ、親身になって考えてくれている親友だ。

素直になれない二人の不器用な恋が実を結ぶかどうか、最後まで分からない。それにしても手のかかる二人に、周囲も観客もヤキモキさせられる。クワズイモは食べられない観葉植物。知らぬうちに繁殖してしまったそれは、秘めた想いの深さの噴出か。志乃の叫びと行動を一致させない表現の大逆転が、吹き抜ける風のように爽快だ。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • ロマンチック
  • 切ない
  • セクシー
  • かわいい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ