ここから本文です

マッド・ガンズ (2014)

YOUNG ONES

監督
ジェイク・パルトロー
  • みたいムービー 24
  • みたログ 123

3.21 / 評価:86件

邦題の要素は微塵もなかったが……

  • fg9***** さん
  • 2017年5月9日 14時58分
  • 閲覧数 278
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

 …あらすじは、解説のとおり。
 近未来、干ばつが続く世界。
 荒野の一軒家に暮らす一家の長アーネスト(マイケル・シャノン)は、政府の配給物資の運搬で生計を立てている。
 息子ジェローム(コディ・スミット=マクフィー)が心優しい少年である一方、その姉メアリー(エル・ファニング)は多感な年ごろで、近所に住む野心的な青年フレム(ニコラス・ホルト)に夢中だ。
 ある日、アーネストは大枚をはたいて四足歩行型ロボット“シム”を購入するが、何者かに“シム”を盗まれてしまう。
 窮地に陥ったアーネストは“シム”と盗んだ犯人を追って荒野をさまようが……。
 …マイケル・シャノンはサバイバルものにウッテツケだな。
 で、そのアーネストが、ある日突然謎めいた死を遂げてしまう。
 隣家の青年フレムは、悲しみに打ちひしがれるメアリーと結婚し、ジェロームの父親代わりとなるのだったが、フレムの内には、恐るべき陰謀が渦巻いていた……といったストーリー。
 で、四足歩行型ロボット“シム”が牛さんロボみたいでユニークで、このロボにそんな機能が備わっていたのか……というお蔭でフレムの悪業が暴かれていく有様は若干面白かった。
 また、気弱そうなジェロームが、内に秘めた決意をもって復讐を果たすシーンも若干見応えがあった。
 それにしても、原題は『YOUNG ONES』なのに、邦題は『マッド・ガンズ』だ。
 そんな要素は微塵もなかったが、一見の価値はあった。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ