2015年6月13日公開

ハイネケン誘拐の代償

KIDNAPPING MR. HEINEKEN

952015年6月13日公開
ハイネケン誘拐の代償
2.9

/ 294

6%
19%
45%
21%
8%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

1983年、世界的に著名なビール会社「ハイネケン」のフレディ・ハイネケン会長(アンソニー・ホプキンス)が何者かに誘拐され、高額の身代金が要求される。巨大組織による犯行の線も考えられていたものの、犯人たちは犯罪に手を染めたこともない幼なじみ5人組だった。計画は順調に進んでいたはずだったが、次第に人質であるハイネケンの威圧的な言動に振り回され、誘拐犯たちの計画に狂いが生じ始める。

シネマトゥデイ(外部リンク)

本編配信

スマートフォンご利用の方はアプリから視聴できます。

予告編・動画

作品レビュー(47件)

絶望的21.7%知的18.8%切ない14.5%悲しい7.2%勇敢5.8%

  • oir********

    3.0

    ネタバレ英語劇はホプキンスを起用したかったから?

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • swi********

    4.0

    面白い

    心理描写がリアルだと思う ホプキンスの存在感が凄い

  • shi********

    3.0

    面白くはない…。

    街のゴロツキ素人集団がノリで誘拐事件を起こした…、その犯罪過程においてだんだん変わっていく人間の心理描写を中心に描いたもの。 誘拐事件を扱う映画の醍醐味、警察との駆け引きや誘拐までに至る緻密な計画性、誘拐された人質の恐怖心など、全く無い。 なーんとなく観てしまったが、何の興奮も感動も怖さも無い。 面白く無い。 ただ淡々と過ぎてゆく時間。 もう少し何とかなったんじゃないか? 材料的には良い材料のはずなのだから…。

  • lad********

    2.0

    実話とは言え地味過ぎる

    特番の再現VTRで良かったんじゃないかと思う映画。 実話とは言え、地味過ぎる。 ハイネケンと犯人の心理攻防戦を期待していたけど、爪の甘い犯人と傲慢で我儘な爺様にしか見えず。 緊迫感も無かった。 ストーリーを変える必要はないと思うけど、もう少し盛り上がるように作れなかったのか。 アンソニー・ホプキンスの貫禄は老いてなお現在。 もういいお爺さんなんだけど、流石です。 ホプキンスの貫禄のみで星2ついけました。

  • shi********

    3.0

    まあ楽しめましたが。実話ではなかったら×

    実話であることのみで「楽しめた」 正直、ストーリー展開は平凡で何も深みはなく、なんだかなあ。 配役はよく、皆さん「暗い画面」の中で合格点の演技だったと思います。 本当の真相は??

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


基本情報


タイトル
ハイネケン誘拐の代償

原題
KIDNAPPING MR. HEINEKEN

上映時間

製作国
ベルギー/イギリス/オランダ

製作年度

公開日