2015年9月4日公開

映画 みんな!エスパーだよ!

PG121142015年9月4日公開
映画 みんな!エスパーだよ!
2.5

/ 795

12%
12%
22%
26%
28%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

クラスではおとなしく、常にスケベな妄想ばかりしている、高校2年生の鴨川嘉郎(染谷将太)。転校生・浅見紗英(真野恵里菜)に心を奪われ、アプローチを繰り返すものの成果はなく、幼なじみのヤンキー少女・平野美由紀(池田エライザ)に笑われていた。ある日、突如として嘉郎にテレパシー能力が備わり、他人の心の声が聞き取れるようになる。また、美由紀をはじめ、ほかにも超能力に目覚める者が次々と現れる。

シネマトゥデイ(外部リンク)

作品レビュー(129件)

セクシー23.5%笑える16.0%コミカル15.3%楽しい12.5%かわいい11.7%

  • wal********

    1.0

    俺は他の凡百とは違うという自負を持つ映画人が喜ぶ映画

    タイトルで全部語ったような内容です。 映画というより学祭の寸劇。 プロットとエピソードはいい。なのでついつい「面白くなりそう」と思って最後まで見て「糞だった」となった。 たぶん原作はマトモなんじゃないかな。 ちなみにサブスクでおすすめされたので見ました。 すすめんな、こんなの。

  • ヒロ1970

    5.0

    全部見れました

    最近映画を見てると途中で飛ばす、やめるで全編見れないことが殆どだがこれは全部見れました。 豊橋弁も良かったし協力した豊橋市には驚嘆した。 次に引っ越すなら是非豊橋を選びたい。

  • kkk********

    2.0

    それなりに楽しいが。

    何でこんな映画を観てしまったのかと反省しつつ、少し楽しい気分になる不思議なコメディ。

  • oir********

    3.0

    序盤大爆笑も中盤以降は散漫冗長下品陳腐化

    染谷翔太の妄想オナニーシーンは大爆笑。続く展開も園子温的な突き抜け感全開で突っ走り大いに楽しませてもらった。 全裸ヌードこそないものの(邦画は下手な胸だしや尻出しが痛ましく感じる場合が多い)アイドルや若手女優にパンチラや下着姿などこれでもかと惜しげもなく強要(?)演技させるので、潔い気持ち良さがある点もいい。 ※そのうちセクハラ演出でミーツー告発されるんじゃないかと心配・・・ しかしそれも序盤のみ。中盤以降はセクシーセミヌード女子群に次第にゲッソリし始め、とっ散らかったストーリーにもうんざり感が募ってくる。 そんな中でも染谷や安田顕など主演脇役俳優陣の奮闘で何とか場は保たれるが、元AKBのアヒル口女が出てきた時にははっきり嫌悪感。別にタレントとしての彼女が嫌いと言うわけではなく演技がまるでなっていなかったから。 ほんの端役でも不味い芝居を見せられると途端に興醒めしてしまう。 終盤に入り芝居の比重がセクシー女子主体になるともう崩壊寸前。まともに見るのが耐えがたくあくび連発。 さすがに厳しく追い込む園子温でも演技素人にはアンダーコントロールできなかったということだろう。 かくして最終的に本作は〝決壊”し訳の分からないエピローグでエンド・・・ 総体的な映画の出来としては正直肯定できない。 とはいえヒロイン二人、真野江里菜のちょいパンチラと池田エライザの下着グラビアにオオッ!!となってしまったことは否定できず、よって彼女たちに対し2.5献上。 もちろん染谷、安田の他、マキタ、深水など男優陣の奮闘に対しても加点で総合3.0の三ツ星。(甘いな・・・) ロケ地全面協力のようだったが、地元良識派は絶対眉をひそめていただろう。笑

  • kid********

    3.0

    みんな!ハレンチだよ!

    どこか懐かしい昭和テイストのハレンチ映画。 内容は最初から最後まで実にくだらないんだけど、 昨今の規制が厳しい映像業界でよくここまでやらかしたなと 感心せずにはいられない。 見所は可愛い女優・モデル・タレント・グラビアアイドル達が 惜しげもなく下着姿を披露していることに尽きる。 R15+指定とかならなかったのが不思議な位で、 思春期の男子にはたまらんだろう。 舞台は豊橋で、豊橋弁(「だに」「だら」等)がしつこめに演出されている。 チョイ役で関根勤も出演。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


基本情報


タイトル
映画 みんな!エスパーだよ!

上映時間

製作国
日本

製作年度

公開日