レビュー一覧に戻る
劇場版 弱虫ペダル
2015年8月28日公開

劇場版 弱虫ペダル

902015年8月28日公開

八光

2.0

好きだからこその☆2

1年にとっては3年の先輩たちと走れる最後のロードレース。3年も大学進学であったり海外留学であったり、それぞれが進むべき進路を控えた中で後輩に想いを伝える最後の大会ってことで、物凄く心揺さぶられる時期をテーマにしたストーリーだけに感動的な面白い作品に仕上がって。。。。。。て欲しかったんだけど、駆け足過ぎるストーリー展開が実に勿体なかった。 今回のレースは卒業を間近に控えた3年と想いを託される1年の関係性をメインに描きたいという思惑があったと思うので、御堂筋君は出さずに正解(御堂筋君を出すと話しがややこしくなるw) インハイのような公式レースじゃないって事で京都伏見の御堂筋君が出場しなかったのはキャラの設定上も違和感なし。 巻島と小野田の関係。 巻島と東堂のライバル関係。 小野田と真波の関係。 インハイ優勝の総北とリベンジに燃える箱学の関係。 脇役で一番の存在感を放つ広島呉南の待宮の存在感。 見どころは沢山あるのに、残念なのが時間が短くて殆ど3年と1年の関係性、ライバルとの死闘の詳細を描き切れず消化不良起こしてるとこ。 中でも熊本台一の吉本君はせっかくオリジナルキャラで登場してるのに、ほぼザコとして終わると言う残念さw せめて初日、二日目と前後半にわけて公開するとかすれば、もう少し密度を増やせたんだろうけど、1時間30分に収めるには無理がある。 これならテレビで特別編として12話構成くらいで描いた方がよっぽど素敵な作品になった気がする。 ちなみに巻島先輩が今までは「小野田!!」って名前で呼んでたのに劇中は「坂道!!」って下の名前で呼んでたのが2人が密度の濃い時間を過ごした関係性を表してるようで印象的だった。 テーマも個性的なキャラもOP、EDの曲も大変素晴らしく、文句のつけようがないだけに駆け足感がとにかく残念でならなかった。

閲覧数3,593