ここから本文です

ビルマの竪琴 (1956)

監督
市川崑
  • みたいムービー 2
  • みたログ 64

3.65 / 評価:34件

「仰げば尊し」で涙が

  • tos***** さん
  • 2016年4月20日 17時04分
  • 閲覧数 676
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

 中井喜一版は以前観ました。内容は大分忘れてしまいましたが感動し、主人公の名「水島」が強く印象に残っています。原作が童話だったとは知りませんでした。本作もいくつかの場面で、ウルッと来てしまいました。「二十四の瞳」に続いて、「仰げば尊し」で涙が。今後子供の卒業式に出席したら、まずいな。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 泣ける
  • 悲しい
  • 切ない
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ