ここから本文です

Mr.タスク (2014)

TUSK

監督
ケヴィン・スミス
  • みたいムービー 43
  • みたログ 279

2.75 / 評価:212件

ムカデ人間に近い程、カルトでグロい

  • tokyo_sy*** さん
  • 2019年5月18日 5時27分
  • 閲覧数 6364
  • 役立ち度 6
    • 総合評価
    • ★★★★★

レビュー1515作品目。J-COMはFOXムービーズチャンネルで視聴。

アラスジを完全ネタバレにて。

・ゲスな業界人の主人公が、人里離れたセイウチ大好き冒険家爺の家に行く
・主人公、一服もられる。まずは左膝から下を切断される
・何やかやで、全身改造されて「人間肌をパッチワークしたセイウチ」に
・身も心もセイウチになった主人公、爺を殺す
・主人公は、今は海辺の「セイウチの家」で幸せに?暮らしている

でEND

グロいわー。

まず主人公はセイウチに改造されるが、想像するに足を切断され、セイウチのぬいぐるみの中に押し込められた・・な表現も有る。

が、顔なんぞは完全に変形しており(口元からセイウチの牙が生えてる)どこまでが改造で、どこからが着ぐるみなのかは最後まで不明のまま。

また、人語を話せなくなっているが、別に声帯を改造されたのではなく、爺が「セイウチ語を話さないとダメ」と言った事による(洗脳)
本人も、どんどん「ボクはセイウチ」となって行きましたからねえ。

また、冒険家爺による「こだわり」。それは「セイウチ♂同士のバトル」

で、爺。
「自分はセイウチのコスプレ」をして、主人公セイウチに戦いをいどむ。

一見は「肌色(人間の皮膚のパッチワーク)のセイウチ二匹」によるバトルだが、主人公は改造セイウチ、爺は着ぐるみコスプレセイウチ。
その二人が「ぐあーぐあー」と言いながら、牙でバトルしている所なんてもうシュールでシュールで。

本当にもう、どないせいと。

あれです、究極ゲテモノの「ムカデ人間」を見ていなかったら、★3位は付けたかもしれません。

が、ゲテモノ度・グロ度でいえば「ムカデ人間の方が、遥かに上」ですから。
(ムカデは、究極ゲテモノ加点がありますから・・)

本作品は
「突き抜けてない」「ゲテモノだが、ムカデには負ける」「面白く無い」
「怖く無い」「気色悪いだけ」で、思い切り辛目の点数で。

あー気持ち悪かった。

が、友達との会話での「ネタ」にするのであれば、いまいちパンチに欠ける。
やはりムカデ人間でないと・・・

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 不気味
  • 恐怖
  • 絶望的
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ