ここから本文です

おかえりなさい、リリアン (1989)

SHE'S BEEN AWAY

監督
ピーター・ホール
  • みたいムービー 1
  • みたログ 4

3.67 / 評価:3件

女のひとに 見てほしい。

  • neige_the_dust さん
  • 2008年6月16日 23時22分
  • 閲覧数 260
  • 役立ち度 4
    • 総合評価
    • ★★★★★

このリリアンというおばあちゃんが、どうしてかくも長い間精神病院に入っていたのか。
それは、病だったからではなく
彼女が少女だった頃、封建的な社会から逸脱した、個性的な女性だったから。
アーティスティックな感性を持ち、絵画を愛し、自分の父の欺瞞に反抗的だった彼女は
個性を封殺され、病院に閉じこめられてしまったのです。
若かりし日の美しいリリアンが、彼女自身が描いた、角を生やした父の肖像画(というかカリカチュア)を
無数に貼った部屋の中にいるシーンが、
リリアンのブッ飛んだ個性を語って余りある感じ。とても印象的です。

ラストシーンも実に感動的で、胸が熱くなります。
見る側に勇気をくれる映画だと思いました。
女のひとに、お勧めしたいです。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 泣ける
  • 勇敢
  • 知的
  • 切ない
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ