ここから本文です

蟲師 特別編 「鈴の雫」 (2015)

監督
長濱博史
  • みたいムービー 18
  • みたログ 49

4.50 / 評価:60件

人と自然を繋ぐもの

  • ac7******** さん
  • 2016年6月9日 23時56分
  • 閲覧数 618
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

原作で言うと蟲師の最終回にあたる作品です。
原作は読破済みでしたので結末は分かっていましたが素晴らしい出来になっていました。

人の身でありながら山のヌシとして選ばれてしまったカヤ、
一度は山にこもり、人としての生活や感情などを忘れてしまうが偶然、兄の葦郎と再会し次第に人としての感情を取り戻していきます。
ですが、山はヌシがいなくなった事によっておかしくなりカヤの元に歴代のヌシらしき者達が現れ・・

ギンコの言うとおり人には心もあり知識もあります。それ故、山の全てを見守るヌシになるには酷と言えるでしょう・・
実際、カヤは一度はヌシをやめようとしていました。だが、自分がヌシだった頃にあらゆる生命を感じ取りやはり山を守る決意をし再び・・
そしてタイトルにもなっている鈴の雫の意味が分かったとたん、自然と涙が出てくるそんな綺麗で幻想的なシーンでした。

確かにカヤはヌシとなって葦郎の元からは去ったかもしれないです。
ですが、葦郎、ギンコの言うように手の届かない所に行ってしまっても自分たちのずっと近くに確かにいる。
このメッセージは自然との繋がりを忘れた現代社会へのメッセージでもあると言えるでしょう・・
今を生きる我々、人間は気がつかなくとも必ず自然の中のあらゆる生命と確実に繋がっています。

これで蟲師の原作エピソードは全てアニメとなりました。
スタッフの皆様、素晴らしいアニメを本当に有り難う御座いました。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 泣ける
  • ファンタジー
  • 不思議
  • 切ない
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ