ここから本文です

ギャラクシー街道 (2015)

監督
三谷幸喜
  • みたいムービー 493
  • みたログ 4,982

2.02 / 評価:4,313件

・・なんかごめん

  • eme***** さん
  • 2015年10月26日 10時27分
  • 閲覧数 17273
  • 役立ち度 140
    • 総合評価
    • ★★★★★

取引先のオッサンの発したうすら寒い下ネタに
1テンポ遅れて気付いて、愛想笑い。
これを拡大した感じの映画。

いや、そもそもこれ、映画だったのか?
三谷作品といえば、舞台的なドタバタ群像劇。
自分世代ではテレビドラマ古畑任三郎のイメージが強く、
低予算感は毎度感じつつも一定のおもしろさは
あったはず・・だったのだが。

公開週土曜深夜、有名なハコでのスーパーレイトショーで
観客は10人前後。(某恐竜映画は同じ時間帯で8割埋まっていた)
鑑賞後、前の座席に座っていたカップルの会話。

「なぁ、なんでこの映画観ようと思ったの?」

「え、だって予告でなんか意味不明でおもしろそうだったし・・」

「週に一日しか会えないのにさ、この時間どうすんの?」

「・・なんかごめん」

「映画を観る、というのはいいんだよ、でも、なんでこれ?」

「・・ごめんってば!!」

「なんか、どうしたらいいの?この・・なんというか、キモチ」

「宇宙規模で考えれば些細なことだよ・・!きっと!」


このやりとりのほうがおもしろかった。

と同時に、一人で良かった。
怖いもの観たさでこれから鑑賞を予定しているあなたは、
決して誰かと行かないように気をつけてほしい。
素敵な金縛り地上波放送後で、話題になっているようだが、
カクゴしておかないと、
鑑賞中も鑑賞後も、素敵な金縛りにあう羽目になる。

イメージワードは、
「泣ける」この映画にカネと時間を使ってしまった自分自身に。
「不気味」設定とか登場宇宙人とか
「絶望的」いろんな意味で←
これしかない。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 泣ける
  • 不気味
  • 絶望的
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ